RollingStoneGathersNoMoss文化部

好奇心の向くままどたばたと東奔西走するおぢさんの日記、文化部の活動報告。飲食活動履歴の「健啖部」にも是非お立ち寄り下さい

#洋画

わたしは最悪。@TOHOシネマズ川崎 2022年7月2日(土)

封切り二日目。 席数118の【シアター5】の入りは六割ほど。 成績優秀だから医学部を目指すとは日本でも良く聞くハナシ。 そこには「医は仁術」との視点は欠けている様にも思われるが本作の主人公『ユリヤ(レナーテ・レインスヴェ)』もそれを地で行くよ…

リコリス・ピザ@TOHOシネマズ川崎 2022年7月2日(土)

封切り二日目。 席数112の【SCREEN8】の入りは七割ほど。 監督の『ポール・トーマス・アンダーソン』は1970年ロサンゼルスの生まれと聞いている。 正しく、本作の舞台と時代も共通(場所は言わずもがな。年代も劇中で〔007 Live And Let Die(1973年)…

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2022@スペース オー 2022年6月11日(土)

コロナの影響もこれありで、リアル会場への訪問は二年ぶりくらいの記憶。 それも諸般の事情もあり、今回観られるプログラムは一つきり。 折角無料なのに、勿体無い限りだ。 会場の入りは半分ほど。 「A&J 4」の上映は4本。 〔ぼくはぜろにみたない〕上映時…

ニューオーダー@チネチッタ川崎 2022年6月5日(日)

封切り三日目。 席数129の【CINE2】の入りは八割ほど。 メキシコ国旗の三色の意味は夫々、緑=民族の運命における国民の希望白=カトリックや宗教的な純粋さ赤=国に殉じた愛国者の血を表していると言う。 ところが本作での、特に緑は凶兆以外の何物でも…

オフィサー・アンド・スパイ@TOHOシネマズシャンテ 2022年6月4日(土)

封切り二日目。 席数224の【シャンテ-1】の入りは八割ほどと盛況。 『エミール・ゾラ』の評伝を読めば必ず触れられる「ドレフュス事件」。 十九世紀末のフランスでの免罪事件に対し、彼が新聞紙上に「J'accuse」と発表した公開状。 いみじくも劇中では…

トップガン マーヴェリック@チネチッタ川崎 2022年5月29日(日)

封切り三日目。 席数532の【CINE8】の入りは八割ほど。 パイロットが窮地に陥った時に、天啓のように降って来る言葉がある。 何れも主人公を危機から救うファクターとして機能する、ある時は「フォースを使え」、またある時は「ロシア語で考えろ」。 それ…

パリ13区@109シネマズ川崎 2022年4月23日(土)

封切り二日目。 席数89の【シアター9】の入りは四割ほど。 行ったことはないけれど、物語の舞台となる「パリ13区」は人種の坩堝のよう。 主要な登場人物の肌の色は、白色・黄色・黒色と(勿論、映像自体はモノクロームなので、しかとは確認できぬが)多彩…

カモン カモン@TOHOシネマズ日本橋 2022年4月22日(金)

本日初日。 席数213の【SCREEN6】の入りは二割ほど。 タイトルの「カモン カモン」は劇中の科白から。 字幕では「前へ、前へ。」と訳されており、その言葉通り、多くの年少者達の未来の可能性を感じさせる内容。 『ジョニー(ホアキン・フェニックス)』…

ハッチング-孵化-@チネチッタ川崎 2022年4月16日(土)

封切り二日目。 席数244の【CINE7】の入りは四割ほど。 「イイネ」をより多く獲得するため、自身の生活を公にさらけ出す人が引きも切らない。 勿論、収入目当ての側面もあろうが、本作の主人公の母親の場合は自己顕示欲の一点。 大怪我の為にフィギュアス…

TITANE/チタン@109シネマズ川崎 2022年4月2日(土)

封切り二日目。 席数89の【シアター8】の入りは六割ほど。 少女は交通事故で頭部に損傷を負い、手術で右側の頭蓋骨にチタンプレートを嵌められ、その傷痕は長じてからも歪な外見。 それからだろうか、彼女が車に対し異常な興味を示すようになったのは。 い…

ニトラム/NITRAM@チネチッタ川崎 2022年3月27日(日)

封切り三日目。 席数129の【CINE2】の入りは四割ほど。 タイトルの〔NITRAM〕は本作の主人公『MARTIN』の名前を逆さ読みにし幼い頃からちょっと違っている彼の蔑称として同級生等が用いたもの。 当然の様に本人はその呼称を嫌っている。 また…

ナイトメア・アリー@109シネマズ川崎 2022年3月26日(土)

封切り二日目。 席数118の【シアター5】の入りは四割ほど。 中世の画家たちは、絵画の中に多くの寓意を盛り込んだ。 神への畏怖や禁忌であったり、教訓であったりとその内容は様々だが本作の中にも、それを同じものが幾つか透けて見えてしまう。 放漫への…

ベルファスト@TOHOシネマズ川崎 2022年3月26日(土)

封切り二日目。 席数112の【SCREEN8】の入りは六割ほど。 冒頭、イマイマのベルファストの空撮が流される。 揃った街並み、大きなドライ・ドッグとその近くには船の形を模した緑地帯。 「一年戦争」の際には「ホワイトベース」も羽を休めた美しい港湾都市…

THE BATMAN-ザ・バットマン-@109シネマズ川崎 2022年3月12日(土)

封切り二日目。 席数118の【シアター3】の入りは八割ほど。 「目には目を歯には歯を」は「ハンムラビ法典」での報復律だが同様の文言は「旧約聖書」にも見え、これに対して『イエス』は「新約聖書」の中で戒めるわけだが凡庸な我々は、当然の様にそうした…

ナイル殺人事件@109シネマズ川崎 2022年2月27日(日)

封切り三日目。 席数349の【シアター6】の入りは三割ほど。 『アガサ・クリスティ』の{ミステリー}ものは何冊か読んでいるけれど〔ナイルに死す〕は未読。 加えて1978年公開の〔ナイル殺人事件〕も未見でこれは、日本公開にあたりエンディングの楽…

オペレーション・ミンスミート-ナチを欺いた死体-@TOHOシネマズ日比谷 2022年2月26日(土)

封切り九日目。 席数98の【SCREEN6】は満員の盛況。 『イアン・フレミング』が第二次大戦中実際に英国の諜報部員だったのは有名なハナシ。 その時の体験を基に〔007シリーズ〕を書いた経緯も、嘘か真か本作では、標題の作戦に関わったうちの一人として…

ドリームプラン@TOHOシネマズ日比谷 2022年2月23日(水)

本日初日。 席数489の【SCREEN12】の入りは七割ほど。 原題は〔King Richard〕。 本編を観終われば、その皮肉な響きは理解されようも、おそらくは『シェイクスピア』の戯曲〔King Richard III〕をもじったものと思われ。 先の王は「脊椎側彎症」との容姿…

アンチャーテッド@109シネマズ川崎 2022年2月19日(土)

封切り二日目。 席数246の【シアター1】の入りは五割ほど。 〔レイダース/失われたアーク《聖櫃》(1981年)〕は画期的な一本だった。 アメリカで昔からある映画やコミックの、冒険譚の集大成。それに現代的な特撮の味付けをし、はらはらどきどきが止まらな…

ザ・ビートルズ Get Back:ルーフトップ・コンサート@109シネマズ川崎 2022年2月13日(日)

一日一回のみ上映で、しかも僅か五日間の会期。加えて「IMAX」限定とのことで、期間的にも金額的にもハードルが高い。 どれほどの好事家が来るのかと訝っていたら、席数458の【シアター7】はほぼほぼ満員。 客層も、自分の年齢以上のお爺さん・お婆さ…

ウエスト・サイド・ストーリー@109シネマズ川崎 2022年2月12日(土)

封切り二日目。 席数349の【シアター6】の入りは六割ほど。 名作と誉の高い『ロバート・ワイズ』の〔ウエスト・サイド物語(1960年)〕も個人的にはあまり好きな作品には非ず。 当然、メルクマーク的一本と理解はしているが、それが{ミュージカル}の文脈…

コーダ あいのうた@TOHOシネマズ日本橋 2022年1月23日(日)

封切り三日目。 席数143の【SCREEN9】の入りは八割ほど。 原典は2014年のフランス映画〔エール!〕。 当該作品は公開時に劇場で観ており、その時の記憶も重ねて鑑賞する。 幾つかの設定変更、物語の舞台を農家から漁師へ、男兄弟の存在を弟から兄へ、主人…

ライダーズ・オブ・ジャスティス@チネチッタ川崎 2022年1月22日(土)

封切り二日目。 席数284の【CINE5】の入りは四割ほど。 タイトルの「Riders of Justice」は何のことかと思ったら主人公達と敵対する犯罪組織の名称。 ”正義”を名称にかざす割に、その実態は不法者の集団。 平和な国との印象を勝手に持っていたデンマーク…

ハウス・オブ・グッチ@チネチッタ川崎 2022年1月16日(日)

封切り三日目。 席数284の【CINE5】の入りは四割ほど。 「長者三代続かず」或いは「初代が作り2代目で傾き3代目で潰す」とも言う。 事業の継承は難しいことの例えも本作はそれを地で行く内容。 もっとも、運命の女である『パトリツィア(レディー・ガガ)…

スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム@TOHOシネマズ川崎 2022年1月9日(日)

封切り三日目。 席数542の【SCREEN5】の入りは八割強と盛況。 2022年1月9日時点ではIMDb:8.8Metascore:71と、一般客も評論家筋も頗る高評価。 正直、眉に唾を付けていたのだが、鑑賞後の率直な感想は、上記評点に諸手を挙げて賛同。 過去作の中でも〔ス…

マトリックス レザレクションズ@TOHOシネマズ日比谷 2021年12月19日(日)

封切り三日目。 席数489の【SCREEN12】の入りは五割ほど。 〔マトリックス三部作〕の公開から今年で十八年。世界は変容し、勿論、ショウビズに於いても例外ではない。 「#MeToo」や「多様性」が盛んに言われ、それが作品にも反映される。 その間にシリー…

ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男@チネチッタ川崎 2021年12月18日(土)

封切り二日目。 席数244の【CINE6】の入りは三割ほど。 例によって実録もの。 主演の『マーク・ラファロ』は製作にも名を連ね、元々環境問題に関心の有った彼が「ニューヨーク・タイムズ」の記事を読み映画化を熱望、自ら『トッド・ヘインズ』に監督を依…

ラストナイト・イン・ソーホー@TOHOシネマズ日本橋 2021年12月11日(土)

封切り二日目。 席数143の【SCREEN9】の入りは五割ほど。 『エドガー・ライト』の新作は過去の{ホラー}や{スリラー}の名作へのオマージュとコラージュに満ち溢れる。 目立つところでも〔サイコ(1960年)〕〔キャリー(1976年)〕〔ポルターガイスト(1982…

モスル あるSWAT部隊の戦い@TOHOシネマズシャンテ 2021年11月21日(日)

封切り三日目。 席数224の【シャンテ-1】の入りは三割ほど。 邦題ではご丁寧に「あるSWAT部隊の戦い」と、解説ともつかぬ一文が付されているが、実際の主人公はタイトル通り舞台でもあるイラク第二の都市「MOSUL」。 冒頭シーンで流れるように…

皮膚を売った男@チネチッタ川崎 2021年11月13日(土)

封切り二日目。 席数284の【CINE9】の入りは二割ほど。 冒頭のシーンで、物語のおおよその帰結の予想は付く。 実際のストーリーもそれに向かうように進み、思った通りね、とにんまり悦に入っていた。 が、終盤に繰り出された展開は予想の遥かに上を行くも…

DUNE/デューン 砂の惑星@チネチッタ川崎 2021年10月17日(日)

封切り三日目。 席数488の【CINE12】の入りは三割ほど。 冒頭、タイトルの下に小さく「part one」の文字が表示され思わず仰け反るとともに、まぁそうだよなぁと納得もする。 思い出されるのは『デイヴィッド・リンチ』による〔デューン/砂の惑星(1984年)…