RollingStoneGathersNoMoss文化部

好奇心の向くままどたばたと東奔西走するおぢさんの日記、文化部の活動報告。飲食活動履歴の「健啖部」にも是非お立ち寄り下さい

#洋画

約束の宇宙@TOHOシネマズシャンテ 2021年4月18日(日)

封切り三日目。 席数224の【シャンテ-1】の入りは三割ほど。 なんとも珍しい宇宙に行かない{宇宙映画}。 しかしそこまでの過程は、過去のどんな類似作よりも仔細に描かれる。 例えば〔ライトスタッフ(1983年)〕でもパイロット達の訓練の模様は目の当…

アンモナイトの目覚め@TOHOシネマズシャンテ  2021年4月17日(土)

封切り九日目。 席数201の【シャンテ-2】の入りは四割ほど。 「R15+」指定。 あの『シアーシャ・ローナン』も齢26してついに!!とわくわくして出かければなんのことはない濡れ場はあるものの、肝心な部分はチラ見えさえせず。 に、引き換え『ケイ…

パーム・スプリングス@109シネマズ川崎 2021年4月10日(土)

封切り二日目。 席数118の【シアター3】は九割方の入りで大層な賑わい。 よくある{ループもの}なら、繰り返される時間から何らかの方法で脱出することが目標のはずも本作のように安住するとの選択肢は極めて斬新。 一方の主人公である『ナイルズ(アン…

サンドラの小さな家@109シネマズ川崎  2021年4月3日(土)

封切り二日目。 席数89の【シアター9】の入りは五割ほど。 DVの夫から逃げ出し幼い二人の娘とホテルに仮住まいする『サンドラ(クレア・ダン)』。 パブと家政婦の仕事を掛け持ちし独楽鼠のように働くも、暮らしは楽ではない。 特に前者の店主からは辛く…

ノマドランド@TOHOシネマズ日比谷  2021年3月28日(日)

封切り三日目。 席数489の【SCREEN12】の入りは六割ほど。 劇中で主人公を演じた『フランシス・マクドーマンド』は制作者としても名を連ね、本作は彼女の強い思いにより生み出された一本と判る。 ノンフィクションを底本としているとのことだが、作りその…

ミナリ@TOHOシネマズ川崎  2021年3月20日(土)

封切り二日目。 席数158の【SCREEN3】の入りは七割ほど。 現時点での「IMDb」での評価は7.7、「Metascore」は88。どちらかと言えば、評論家筋の受けが良いよう。 多くの賞レースにもノミネート、或いは受賞もしている。 かし観終わって思わず首を傾げてし…

アウトポスト@チネチッタ川崎  2021年3月14日(日)

封切り三日目。 席数191の【CINE10】の入りは五割ほど。 2000年代に入ってからも「アフガニスタン紛争」「イラク戦争」「対ISIL戦争」とアメリカが関与した戦争は打つ続き、何れもイスラム圏なのが特徴的。 なのでそれらを題にした小説/ルポルタ…

ベイビーティース@チネチッタ川崎  2021年2月21日(日)

封切り三日目。 席数284の【CINE5】の入りは一割ほど。 タイトルの「BABYTEETH」は「乳歯」の意。フライヤーのビジュアルや予告編の作りからも、本作はイニシエーションを経ての一少女の成長譚に違いないと思って観始めると手痛いしっぺ返しを喰らう。 ス…

プラットフォーム@チネチッタ川崎  2021年1月29日(金)

封切り初日。 席数284の【CINE5】の入りは一割ちょっと。 まぁ、こんなマイナーな作品は予告編を見るとか、「IMDb」のレイティングを確認するとか、評を読んでいるような人しか来ないよねぇ。 ちなみに現時点で、「IMDb」では7.0、「Metascore」は73…

どん底作家の人生に幸あれ!@TOHOシネマズ川崎  2021年1月23日(土)

封切り二日目。 席数158の【SCREEN3】の入りは三割ほど。 原作未読も複数回映画化されていることは認識。 作者の前半生が反映されているとされる物語りはそれほど蠱惑的なのだろう。 しかし、本作、観始めて早々に感じる違和感。 1800年代の英国が舞…

ズーム/見えない参加者@チネチッタ川崎  2021年1月17日(日)

封切り三日目。 席数407の【CINE11】の入りは二割ほど。 このコロナ禍の中で、エンタメ業界も多くの試みが成され、国内だと例えば昨年五月に〔12人の優しい日本人を読む会〕が無料で生配信されたり。 やはり「Zoom」を使った仕掛けも、本作は全編がPCの…

声優夫婦の甘くない生活@チネチッタ川崎  2021年1月3日(日)

封切り三週目に突入。 席数107の【CINE1】の入りは二割ほど。 エンドロールで両親への献辞がクレジットされる。其処からも判る、本作は、監督自身や周囲の体験の映画化。 1980年代後半の『ゴルバチョフ』による「ペレストロイカ」以降、ソ連からイスラエ…

Swallow/スワロウ@チネチッタ川崎  2021年1月3日(日)

封切り三日目。 席数244の【CINE6】の入りは三割ほど。 バス用品の売り子が、何の縁か大企業の御曹司と結婚。俗に言う玉の輿で、以降の生活の安寧は担保されたようなもの。 しかし本作の主人公『ハンター(ヘイリー・ベネット)』は憬れのハイソな暮らし…

新感染半島 ファイナル・ステージ@109シネマズ川崎  2021年1月1日(金)

本日初日。 席数127の【シアター2】の入りは七割ほど。 〔新感染 ファイナル・エクスプレス(2017)〕は衝撃的な一本だった。「WOWOW」で見たのだが、劇場で鑑賞できなかったことを後悔したほど。 逃げ場のない高速列車の中でパンデミックが発生すると…

ワンダーウーマン 1984@TOHOシネマズ川崎  2020年12月26日(土)

封切り九日目。 席数142の【SCREEN1】の入りは六割ほど。 現実世界での1984年は「ロサンゼルス五輪」があった年。四年前の「モスクワ五輪」を多くの西側諸国がボイコットした報復で今度は東側の列国が不参加を表明。華やかな式典の中にも、東西の冷た…

燃ゆる女の肖像@チネチッタ川崎  2020年12月5日(土)

封切り二日目。 席数284の【CINE5】の入りは二割ほど。 シノプシスをざっと読んだだけでスクリーンに向かい冒頭のシークエンスから戸惑ってしまう。 婚約者に対して肖像画を贈るなんて、『ベラスケス』の『マルガリータ』を思い出す。 でも『ヴィヴァルデ…

異端の鳥@TOHOシネマズ川崎  2020年11月3日(火)

席数150の【SCREEN4】の入りは六割ほど。封切り一ヶ月にならんとしているのにこの埋まり具合は凄い。 以前であれば「エキプ・ド・シネマ​」あたりでしか観られなかった作品がシネコンで掛かるのも時代だな、と思う。 ましてや三時間尺の大作、よく上映に…

ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ@109シネマズ川崎  2020年10月10日(土)

封切り二日目。 席数118の【シアター3】は一席置きの案内だと実質59。その八割りは埋まっている。 自分の故郷を人に紹介する時に、何とも複雑な思いにとらわれる。 愛憎半ばとの表現は言い過ぎか。 「いいところだよ。でもね」と口をついてしまうのが常…

フェアウェル@TOHOシネマズ川崎  2020年10月11日(日)

封切り九日目。 席数542の【SCREEN5】は一席置きの案内だと実質271。客の入りは、その二割りまではない感じ。 末期の肺癌の為、余命幾ばくもないと診断された中国に住む老母に日本とアメリカに住む兄弟は相談し告知をしないことを決める。 しかし長男…

鵞鳥湖の夜@109シネマズ川崎  2020年9月29日(火)

封切り五日目。 席数89の【シアター8】は一席空けての案内なので実質45。 その四割は埋まっている印象。 客層は高齢の男性(自分も含め)がほぼほぼ100%。 バイク窃盗団の内部抗争に巻き込まれ相手を追ううちに誤って警官を射殺、指名手配犯となった男…

TENET テネット@109シネマズ川崎  2020年9月19日(土)

封切り二日目。 席数246の【シアター1】の入りは八割ほど。 話題の大作、公開最初の週末、加えて「ポイント会員感謝の日」、三拍子揃っているのにこの状況は正直意外。 信者も多いが嫌う人も多い『クリストファー・ノーラン』。特に最近は判り難い作品が…

mid90s ミッドナインティーズ@チネチッタ川崎  2020年9月5日(土)

封切り二日目。 席数244の【CINE6】は一席置きの案内で実質122席。その八割は埋まっている。 ちょっと前の大作主義全盛期であれば決して俎上に乗ることのなかった小品に近い脚本を丁寧に拾い上げ作品化する「A24」。 過去に観た中でも〔ルーム〕〔…

オフィシャル・シークレット@TOHOシネマズシャンテ 2020年8月29日(土)

封切り二日目。 席数224の【シャンテ-1】は一席置きの案内で実質112席。それが満員の盛況。 時代的には〔バイス(2019年)〕で描かれたのと同じ頃、大量破壊兵器があるとして、米英がイラクへと侵攻した一連の出来事がテーマ。 なので例によって実話で…

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー@チネチッタ川崎  2020年8月23日(日)

封切り三日目。 席数154の【CINE9】は一席空けての案内だと実質77席。それが満員の盛況。 終映時には、最早お馴染みの列毎の退出案内。 〔アメリカン・グラフィティ〕を頂点とする、卒業前夜を描いた所謂{ワンナイトもの}は、過去ほぼほぼ男子視点の…

ディック・ロングはなぜ死んだのか?@109シネマズ川崎  2020年8月10日(月)

封切り四日目。 席数72の【シアター10】は一席おきの案内の実質36席が満員の盛況。 「IMDb」では6.3、「Metascore」は69と観る・観ないの判断上では境界値。 それでも〔スイス・アーミー・マン〕の『ダニエルズ』の作品だし、と足を運ぶ。 もっ…

カラー・アウト・オブ・スペース-遭遇-@チネチッタ川崎  2020年8月1日(土)

封切り二日目。 席数244の【CINE6】は一席おきの案内なので実際は122席。その全てが埋まる満員の盛況で、終映時には密を避けるため、係員誘導による列毎の退場案内。 アメリカの森林深く住む五人家族の屋敷の庭にある日、隕石が飛来、一抱えほどもあり…

レイニーデイ・イン・ニューヨーク@109シネマズ川崎  2020年7月12日(日)

封切り十日目。 席数118の【シアター3】は一席置きの案内だと59。その七割がたは埋まっているか。 『ウディ・アレン』の最新作は「IMDb」でこそ6.6となっているものの「Metascore」では44の低評価。 特に評論家筋には、2017年以降の「#MeToo運…

WAVES/ウェイブス@109シネマズ二子玉川 2020年7月10日(金)

本日初日。 席数99の【シアター8】は半分の案内だと50席。 客はその九割ほど入っている感触。 恵まれた家庭に育ち、両親からも愛情を注がれ、レスリングでも優秀な成績を収め、大学でのスポーツ奨学金給付が決まっている。 音楽も良くし、恋人もおり、な…

透明人間@109シネマズ二子玉川 2020年7月10日(金)

封切り初日。 席数132の【シアター6】は半分での案内なので実質66席。 その八割ほどは埋まっている印象。 DVの激しい恋人から策を巡らして逃げ出したは良いものの、件の男が「透明人間」になり、主人公をじわじわと追い詰める。 プロットは至極シンプ…

カセットテープ・ダイアリーズ@TOHOシネマズシャンテ 2020年7月5日(日)

封切り三日目。 席数224の【シャンテ-1】は半分の案内なので112席。そのうちの七割以上は埋まっている感じ。 原題の〔Blinded by the Light〕は『スプリングスティーン』の楽曲から採られているらしく、日本では〔光で目もくらみ〕と訳されているよ…