RollingStoneGathersNoMoss文化部

好奇心の向くままどたばたと東奔西走するおぢさんの日記、文化部の活動報告。飲食活動履歴の「健啖部」にも是非お立ち寄り下さい

#イラストレーション

杉浦非水 時代をひらくデザイン@たばこと塩の博物館 2021年9月24日(金)

一般の入場料は100円。 会期は前期:9月11日(土)~10月10日(日)後期:10月12日(火)~11月14日(日)となっており、一部展示替えがあるよう。 飛び石連休の中日とはいえ、平日の昼下がり、さほどの混雑にはなっていないだろうと見くびっていたら、ど…

imma天@DIESEL ART GALLERY 2021年8月29日(日)

「imma and friends」との副題が付き計十三名が出展。 『imma(イマ)』はアジア初のバーチャルヒューマンとのことで、彼女?を題材にした作品が並ぶ。 料理の仕方は各人が様々。 POPに描いたものから日本画風の中にはめ込んだもの或いは立体造形まで。 …

日本のグラフィックデザイン2021@東京ミッドタウン・デザインハブ 2021年8月1日(日)

たしか去年は来れなかったと記憶しているが。或いはイベント自体が開催されなかったかしら。 ここと「G8」や「ggg」の展示を併せて観れば、直近一年の日本国内の秀逸なデザインが総覧できるとの素晴らしい催し。 例年になく、ポスター類は自身が行った…

オリンピック・ランゲージ@ギンザ・グラフィック・ギャラリー 2021年7月24日(土)

一つ前の展示もスポーツ関連だったけど、今回はいよいよ本番、オリンピックに関して。 サブタイトルにも「デザインでみるオリンピック」と付されている。 一階は主に、前回の東京大会に関連するポスターやらリーフレットやら。 記念切手も並んでおり、ああこ…

SPORTS GRAPHIC スポーツ・グラフィック@ギンザ・グラフィック・ギャラリー 2021年7月3日(土)

オリ・パラが間近に迫ったからであろうこの企画。 ある意味雑多な、他方で(特に)日本に於けるスポーツイベントの歴史を俯瞰できる、主に平面作品が並ぶ。 主に、と書いたのは中には立体作品もあるからで。 それにして並んでいる作品は多様。 企業広告では…

JAGDA新人賞展2021@クリエイションギャラリーG8 2021年5月29日(土)

同賞を受賞した『加瀬透・川尻竜一・窪田新』の三人展。 場内はグラフィック作品が所狭しと並ぶ。 毎度ながら、いや例年にも増して、今回は見かけたことのある作品が過少に思えるのは、この一年、外に出かける機会がめっきり減ったからかもと独りごちる。 あ…

TDC 2021@ギンザ・グラフィック・ギャラリー 2021年4月17日(土)

会期は4月1日(木)~5月29日(土)と随分と長め。 コロナ禍で意図的に入場者を分散させようとの試みか。 その目論見の半分は当たっているよう。 常なら押し合い圧し合いの会場内はさほどの混雑にはなっておらず。 元々が国際的なコンクールであるにしろ例年…

SURVIVE-EIKO ISHIOKA/石岡瑛子@ギンザ・グラフィック・ギャラリー 2021年3月6日(土)

後期の会期は2月3日(水)~3月19日(金)。 実は二週間ほど前の昼下がりにも訪問しており、その際には「地階が混みあっており、入場待ちになります」との案内に踵を返した履歴。 なので今日は捲土重来。朝イチだったら問題ないでしょ、と時間を見計らって突…

戦前のJAPANツーリズム@ノエビア銀座ギャラリー 2021年3月6日(土)

開場時間が9:00~と早いのも、本ギャラリーの特徴の一つ。 界隈のギャラリーの多くが11:00~の開場なので、その前にひょいと寄っての鑑賞が可能。 スペースがさほど広いわけではなく、展示数も少ないから、時間が読めるのもうってつけ。 標題展の会期は1月…

2021新春展@The Artcomplex Center of Tokyo 2021年1月10日(日)

標題館に足を運ぶのも久しぶりかも。 受付前で、先ずは入館票への記入、その後、検温~手指の消毒。 例年であればもっと展示スペースを広く取っての開催と思われるも、管理の関係だろう二階の【ACT1~5】のみの展示。 一方で作品はオンラインショップに…

本田亮 SDGsユーモアイラスト原画展@伊藤忠青山アートスクエア 2020年11月8日(日)

元々の会期から「好評に付き延長」との告知で~12月13日(日)まで。 最初は随分と短い10月1日(木)~16日(金)の予定だったけどその間に何があったんだろうね。 こんあ短期じゃとってもムリと諦めていたものの勿怪の幸い、ちょっと足を延ばしてみる。 「…

永井一正の絵と言葉の世界@ギンザ・グラフィック・ギャラリー 2020年11月7日(土)

「いきることば つむぐいのち」とのサブタイトルが冠されている。 一階は薄暗い空間に多くのイラストポスター。 何れもモノクロームのドローイングでモチーフは動物。 時としてヒトも描かれてはいるものの、自然と一体化している。 頗るプリミティブな表現で…

田渕正敏展「Choice」@ガーディアン・ガーデン 2020年10月24日(土)

事前の予約制はなくなったもの、入り口に立ち手指を消毒していると係員さんが押取り刀でやって来て検温、その後に入館の運び。 比較的早い時間だったので先客もおらず、心おきなく拝見できるのは嬉しい。 館内に並んでいる作品はほぼほぼ青一色。 エッチング…

イラストレーターが挑む寺山修司の言葉@Bunkamura Box Gallery 2020年10月17日(土)

普段であればあまり気に掛けない標題施設も今回の顔ぶれを見ればハナシは別。 基本、即売を兼ねた展示会も例えばポスターにあしらわれている『七戸優』の作品などは何時も乍ら非売品。 もっとも、プライスが表示されてたとして、手は出ないだろうが。 入り口…

JAGDA新人賞展2020@クリエイションギャラリーG8 2020年9月23日(水)

『佐々木俊』『田中せり』『西川友美』の三人展。 こちらはまだ事前予約が必要、且つ手指の消毒も。開始時間になるとわらわらと人が並ぶので納得の措置かも。 『西川友美』の作品は「G8」でも観てるかな。 明るい原色、丸みを帯びてポップな表現は見ている…

菊地敦己 2020@クリエイションギャラリーG8 2020年8月29日(土)

”第22回亀倉雄策賞受賞記念展”。 事前予約の上、入場時にはQRコード提示~検温~手指の消毒。 申込者は定員いっぱいいっぱいの様で、時間前からロビーに屯する人多数。 定時になり、前の時間帯の入場者が全てはけないと、開場してくれないのよね。 ま、ロ…

TDC 2020@ギンザ・グラフィック・ギャラリー 2020年7月11日(土)

開館している大手企業主宰ギャラリーの常として、当該館でも手指の消毒と検温。 他の場所と同様、額で測るものだと勝手に思いおでこを付き出したら手の付け根で測りますと受付のお姉さんに苦笑される。 御免なさいね。こんなに頭髪の薄くなった生え際見せら…

Tomorrow is Today: Farming the Possible Fields@クリエイションギャラリーG8 2020年2月29日(土)

「UMA / design farm展」との副題が付いているけれどこれの方が判り易い。 大阪に在るデザインスタジオが手掛けたワークの数々。 大は「UR]や「岡崎市」、小は個人商店のパッケージまで、相当数の作品が展示されおもちゃ箱をひっくり返したような楽しさ。…

昭和ガレージボックス@Bunkamura Gallery 2020年2月22日(土)

会期は~2月26日(水)まで。 www.bunkamura.co.jp 「高度経済成長時代に台頭したカウンターカルチャー-昭和40年代を中心に」とある様に、往時のポスターをメインにした展示でプライスもきっちり表示、中には赤丸シール付きも。 ポスター類の殆どは、以前…

動きの中の思索@ギンザ・グラフィック・ギャラリー 2019年11月30日(土)

『カール・ゲルストナー』の日本初個展と書かれている。 その名前の響きから、てっきりドイツの方かと思ったらスイスを代表するグラフィックデザイナーと示されている。 www.dnp.co.jp それでも順次足を運べば、そこはかとないユーモアの中にもかちっとした…

ふろしき百花店@クリエイションギャラリーG8/ガーディアン・ガーデン 2019年11月30日(土)

「167人のクリエイターと京都の職人がつくる」との副題が冠されている。 風呂敷は一枚が1,600円(税込み)。 売り上げは「セーブ・ザ・チルドレン」に寄付される。 rcc.recruit.co.jp 購入はWeb上でも可能も、在庫が無くなった品には赤丸シール。 自分の…

2019年度グッドデザイン賞受賞展@東京ミッドタウン・デザインハブ 2019年11月4日(月)

会期は本日が最終日。 designhub.jp そして記録を辿ると、どうやら例年開催の同展への訪問は今回が初めてのよう。 なぜかと言えばその規模の大きさに驚いた次第で。 辻々には案内の人が立ち【5階】【4階】【1階】【地階】と利用可能な全てのスペースを使…

日本のアートディレクション展2019@ギンザ・グラフィック・ギャラリー/クリエイションギャラリーG8 2019年11月2日(土)

所謂”ADC展” はこの時期恒例。毎度のことながらこの一年間の浅学を思い知る場でもある。 物品にはこだわりが無い方だし、読書の所蔵スペースの関係から文庫や新書が多く、この場で取り上げられるデザインや広告とはかなり無縁。 (無料の)美術展はそこそ…

こうの史代イラスト原画展@昭和館 2019年9月15日(日)

「昭和館開館20周年記念」と銘打たれている。 場所は【5階ギャラリー】で入場料は無料。 エレベーターで5階に降りて、さてギャラリーは何処だろうと見渡すと・・・・、ああそうなんだ、通路の両壁面をその様に称しているのね。 なので並んでいる数はさほど…

Sculptural Type@ギンザ・グラフィック・ギャラリー 2019年9月7日(土)

デンマークのデザイン会社『コントラプンクト』が手掛けたタイプデザインの展示会。 で、今回の白眉はその展示の仕方。 壁面には同社が手掛けたタイプデザインが幾つか掲げられ、その前の床面には複数のペダルが並ぶ。 そのペダルを踏むと、デザインのコンセ…

田名網敬一の楽園 空中回廊@川崎市市民ミュージアム 2019年8月17日(土)

「コレクション展」として【アートギャラリー2・3】を使った大分の展示を 無料でしてしまう太っ腹さ加減には、ホント感謝の一言しかない。 勿論、直近で観た『ggg』での企画展 との連動感は満載で。 実際、そこでのパンフレットも展示されていたり。 計四…

田名網敬一の観光@ギンザ・グラフィック・ギャラリー 2019年7月6日(土)

「Keiichi Tanaami Great Journey」とも添えられている。 会期は~8月21日(水)まで。 入り口周辺の写真からも判るように 会場内は物凄いことになっている。 その極彩色の空間に誘引されおとなった多くの人達は 魅入られたようにひたすら写メを撮りまくる。…

日本のグラフィックデザイン2019@東京ミッドタウン・デザインハブ 2019年7月7日(日)

「JAGDA」の編纂による 〔Graphic Design In Japan 2019〕発刊記念の恒例の催し。 約三百点のグラフィック作品が並べられ、 ポスター・商品パッケージ・雑貨・装丁と 賑やかなことこの上ない。 「ggg」や「G8」で目にした制作物もありつつ、 此処でしか…

JAGDA新人賞展2019@クリエイションギャラリーG8 2019年6月15日(土)

同賞を受賞した 『赤沼夏希・岡崎智弘・小林一毅』の三人展。 会期は~6月29日(土)まで。 この種の展示会の常として、 今日の様な荒天にもかかわらず 場内は多くの人で賑わっている。 外気は20℃を越えてないのに 中は人いきれでむしっとするほど。 確か…

井上嗣也展 Beginnings@ギンザ・グラフィック・ギャラリー 2019年5月17日(金)

直近で制作された作品は一階に、 過去の作品は地階に展示されている。 新作群のインパクトも並々ならぬものがありつつ、 やはり旧作への郷愁の方が馴染むかも。 例えば『ジョン・ヒューストン』の顔をアップで使った 「Suntory Old」の広告。 『忌野清志郎/…