RollingStoneGathersNoMoss文化部

好奇心の向くままどたばたと東奔西走するおぢさんの日記、文化部の活動報告。飲食活動履歴の「健啖部」にも是非お立ち寄り下さい

月の満ち欠け@109シネマズ川崎 2022年12月3日(土)

封切り二日目。

席数172の【シアター4】の入りは八割ほど。

 

 

東野圭吾』原作による〔秘密(1999年)〕は印象的な一本だった。

亡くなった妻の意識が、高校生の娘に宿り、
しかし次第に元々の娘の意識が交互に現れるようになり、
やがては・・・・との流れ。

夫であり、また父でもある主人公の
苦悩を見事に描き、
哀切極まる一本に仕上がっていた。

それと比較すると、本作は格段にレベルが下がる。

近しいモチーフでありながら、
お話があまりに一本調子に過ぎるのだ。


自分の子供、或いは親しくしている周囲の人が、
実は過去に亡くなった人間の意識を
しかも赤の他人のそれを宿していると知ったら
普通の人はどう反応するだろうか。

混乱し拒否をするのが実際のところではないか、
本作の主人公のように。

ところがここでは、父親を除くほとんどが
あっさりとその怪異を受け入れてしまう。
まるっきり、受容することが正であるかの如く。

結果として多くの人々の運命が変わり、
それすらも逍遥として許容する。

しかし、転生の目的を知った時に
代価としてはあまりにも重すぎ、
それを応援する周囲こそが最も釈然としない設定に思える。


よくよく考えてみれば、恐ろしいことなのだ。

元々宿していた魂が、七歳の頃に数日間高熱を発生したことにより発露するのか、
若しくはそれを契機に乗っ取られてしまうのか。

後者であれば、嘗て持っていた自我は何処に消えてしまったのか。
前者であっても、元々の個人とは別者に変容しているのでは。

ましてやそのことの為に、
更なる不幸を招いてしまうとの流れはまるっきり許容はできず、
やり場の無い怒りが湧き上がってこそ尋常。


道ならぬ恋が(そこに至るには相応の理由がありも)年月を経て成就する
純愛モノの様に見せる手管は大したもので、
ラストシーンでは上手く処理されてはいるものの、
リアルなら四十歳を超えたおっさんと幼女の抱擁であり、
傍から見ればほぼほぼ犯罪。

ましてやそのために、どれだけの人を不幸に陥れたのか。

嫉妬に狂い、多くに祟った『六条御息所』と、
シチュエーションは異なるも、やっていることは同義。

ましてや、この二人にこの先の未来は存在せず、
〔卒業 (1967年)〕の『ベン』と『エレーン』以上に
不幸せが待ち受けているのは自明。

それをこの上ない成就の様に描くところに
制作者達の欺瞞を感じてしまう。


評価は、☆五点満点で☆☆☆★。


とは言え、『有村架純』が変わらず美しいので
大抵のことは許容。

それが無ければ、かなりの怪作に成り果てていたのでは。

Takahiro Matsuo@BAG-Brillia Art Gallery- 2022年11月26日(土)

「Light Crystallized」とのタイトルで、
会期は~2023年1月22日(日)まで。

 

例によって【BAG+1】は主展示、


【BAG+2】はショップ展示。


{プリズムアート}なるカテゴリーの存在は
今回初めて認識だけど、
館内は質感の透明さの異なるオブジェが
形状も様々並んでいる。

その中でも、「クオーツガラス」を素材としたそれは
子供の頃に親の手伝いで梅酒を作った時のことを思い出させる。

梅、ホワイトリカーと共に大きな瓶に入れた氷砂糖。
勿論、透明度も、わけても大きさが異なるのだが、
その形状が郷愁を感じさせる。


先端が尖った作品は、あまり近づかないよう
範囲が示されている。

なまじ美しいだけに、そうとは感じさせないが、
相当の重量もあるのだろう。

白井茜展「とどまって、聞いている」@ガーディアン・ガーデン 2022年11月26日(土)

”第24回写真「1_WALL」グランプリ受賞者個展”と書かれている。

受賞作は二つの家族のイマを並べたものだが、
本展は、両家族の
その後の状況を付加し提示するもの。

 


館内はかなり薄暗い空間で、
写真の数は過少。

その分、入り口左手の壁をスクリーンとして活用、
夫々の家族の姿が映し出される。

(おそらく)互いに知己の両家ではあろうが、
だからと言って日々の暮らしが近似するわけでなく、
並べて見た時に、改めてその違いが浮かび上がって来る。


会期は~11月26日(土)まで。


日本のアートディレクション展 2022@ギンザ・グラフィック・ギャラリー/クリエイションギャラリーG8 2022年11月26日(土)

ggg】では「会員作品」が


【G8】では「一般作品」が

 

夫々展示。
会期は何れも~11月30日(水)まで。


全体を総覧した時に、
今年はとりわけ『渡邉良重』の席巻度合いが激しいと感じる。


けらえいこ』の〔あたしンち〕の登場人物を使った
ユニクロ」の「母の日」の新聞広告には笑わさられる。

いいねぇ、こうしたクリエイティブって、
ほのぼのとして。


篠原ともえ』による〔THE LEATHER SCRAP KIMONO〕も展示され、
ニュースではさんざん見たものの
実物を拝見できるとは思わなかった。

この質感は面白い。


例年のことも、
こうしたいいデザインが溢れる空間に入ることの至福感。

一方で、
ヒロシマ・アピールズ 2021」のように、
ココロを抉られる作品もありはするのだが。

 

グリーン・ナイト@TOHOシネマズシャンテ 2022年11月26日(土)

封切り二日目。

席数224の【シャンテ-1】は満席の盛況。

 

 

アーサー王伝説」は
西洋の人々には膾炙しているフォークロア
本邦ではやはり仔細に知る人は過少では。

かくいう自分も
「魔術師マーリン」や「騎士ランスロット」または
「聖杯」等の概略は認知も
エクスカリバー (1981年)〕を劇場で観た時に
ドラゴンなぞがしれっと出て来て
かなり驚いた覚えが。

彼の地では高評価も、
日本では興行的にもさっぱりだった記憶。


で、本作はその「アーサー王伝説」に纏わる、
また一つの物語り。

現時点での
IMDb6.6
Metascore85
と、とりわけ評論家筋の支持が高めなので
かなりの期待をしていたのだが・・・・。


『サー・ガウェイン(デブ・パテル)』は
アーサー王ショーン・ハリス)』の甥ながら
未だに「騎士」未満の分際で、
娼館に入り浸り自堕落な日々を送っている。

ある年のクリスマス、円卓の騎士たちが集う宴席に
全身緑色の騎士が突然現れ、
謎かけとも付かぬゲームを仕掛ける。

功名心にはやる『ガウェイン』はその挑発に乗り
緑の騎士の首を撥ねるのだが、
この世の者とも思えぬ彼は
自身の首を持ち上げ
一年後に自分が待つ所に来るように伝え立ち去る。

一年は瞬く間に過ぎ、
もっとも『ガウェイン』は未だ「騎士」にはなれず、
娼館での怠惰な日常も変わらず。

しかし、周囲からの期待もあり、
約束を果たすために覚悟を決めて旅に出る。


実際の旅程は馬に乗って六日ほどと、
かなり短いもの。

が、そこで主人公が経験するのは
夢とも付かぬ不可思議な出来事の数々。

ああ、やはりこれも、神話や伝承の類の映像化かなのだと理解するも、
そのエピソードの一つ一つが単体では完結していなところがミソ。

一見尻切れ蜻蛉に終わっている様にも見えるが、
綿密に絡み合い終盤へとなだれ込む。


とは言え、冒険譚ではあるものの、
オハナシだなぁと嘆息する数々ではある。

整合性が取れていないのが一番の難点で。

たぶんその時代には不可能であったろう
「カメラオブスクラ」を使った肖像画の作成などは盛り込んでいるのを始めとして。


評価は、☆五点満点で☆☆☆★。


終わってみれば、一人の男が
謙虚に自身を見つめ直すことでの成長譚。

岩に刺さった剣を引き抜く、とか
神が与えた試練を乗り越える等の華々しさはないものの、
王権神授に近い結果を得るための通過儀礼

そして最後には
現在の同地の王朝に繋がり
イングランドは女王が戴冠することを示唆し団円を迎えるのだ。

母性@チネチッタ川崎 2022年11月23日(水)

本日初日。

席数244の【CINE6】の入りは八割ほど。

 

 

リチャード・ドーキンス』は〔利己的な遺伝子〕の中で
遺伝子の振る舞いについて書く。

生物は遺伝子の乗り物(ビークル)であり、
自己の、或いは自身の属するグループの遺伝子の複製を残すための最適な選択をする(かなり意約)。

それは愛情とか、本能と表現されるものか。

母親が我が身を犠牲にして子を救う、
または同族の年長者が身を挺して年少者を助ける等が挙げられるわけだが、
近年はこれに反する事例もまま見受けられ。

子供をネグレクトする、または虐待死させてしまうなど、
これは果たしてイマイマの社会が生んだ病理なのだろうか。


本作は三代に渡る母娘の物語り。

『ルミ子の実母(大地真央)』~『ルミ子(戸田恵梨香)』~『ルミ子の娘/清佳(永野芽郁)』の
世代の流れの中で、とりわけ『ルミ子』と『清佳』の愛憎が
時には母の視点で、または娘の視点と入れ替わり描かれる。

とは言え話者が変われば、見え方や感じ方も変わるのは当然。
一概に、どちらが正でどちらが誤とは断じられず
やや曖昧模糊とした語り口。


唯一明確なことは、「すわ鎌倉」の際には
『ルミ子』は自身の娘よりも
母親を助けることを選択する、
母子密着も極まったスタンスであること。

雛鳥のように母親に庇護されての暮らしの温かさが忘れられず、
長じてもその余韻を求め続けているようにも傍目には見え。

妊娠が判った際のモノローグからも明らかなように、
自己の遺伝子の複製を生み出すことに嫌悪感さえ覚えている
先の理論とは真逆な言動に唖然としてしまう。

また、年上の女性への恭順が、実母だけでなく、
形を変えて『義母(高畑淳子)』にも向けられた時には
猶更の違和感。


一方、そうした環境で育った『清佳』も
周囲の、特に年長者の言動を気にしてしまうのは致し方のないところか。

氏より育ちとの格言にある如く、
周囲の環境が人格形成に大きく寄与するのは当然のことであるけれど。


評価は、☆五点満点で☆☆☆☆。


終盤に明かされる「衝撃的な真相」も
それ以前に複数回仄めかされはしていたので
さして驚きはせず。

女性達の相克についての表現は十分も、
そもそも義母との同居の件や
『清佳』の選択の唐突さについては首を捻る流れ。

ある男@109シネマズ川崎 2022年11月19日(土)

封切り二日目。

席数246の【シアター1】の入りは三割ほど。

 

 

予告編や宣伝の惹句からは、
嘘を愛する女(2018年)〕の類似のプロットとの受け取り。

長年連れ添い、子まで成したパートナーの突然の死が契機となり
その人物の経歴が、聞かされていたものとはまるっきり違っていることが判明するとの
驚天動地の展開。

ちなみに先作は
TSUTAYA CREATERS'PROGRAM FILM 2015」のグランプリ。


そして本作は、『平野啓一郎』による2018年刊行
「第70回読売文学賞」受賞小説が原作。

とは言え、やはりプロの文筆業者による作品は
シチュエーションの設定は似ていても、
単なるサスペンスにとどまらず、今ある社会問題を複数盛り込み
より高レベルに昇華させている。


離婚をして長男を連れ故郷の宮崎に戻って来た『里枝(安藤サクラ)』は
林業に従事する『大祐(窪田正孝)』と知り合い結婚、
長女も生まれ幸せな生活をおくっていた。

しかし、『大祐』が事故で亡くなり、
彼の実家に連絡を取ったことから、
実は全くの別人だったことが判明する。

『里枝』は旧知の弁護士『城戸(妻夫木聡)』に
身元の調査を依頼するのだが、
そこからは悲しい過去が浮かび上がって来る。

彼は実際には「誰」で、戸籍を変えてまで消したかった過去とは
いったい何だったのか。


先に挙げた「社会問題」は
大まかには「差別」とカテゴライズすれば良いか。

それは民族であったり、出生地であったり、親族が犯した罪であったりと、
何れもが自身にはどうにもできない性質によるもの。

なのに個人を識別するラベルの様に、好むと好まざるとにかかわらず
執拗に一生付いて回り、当人を評価するべく機能する。

人間の本質とは、まるっきり関係の無いことであるのに。


とは言え、考えてみれば、名前も似たような性質を持っているかもしれぬ。

本来は個々人を識別するための呼称なのにもかかわらず、
なんとなく人となりさえ現わしてしまうように思えるのは、
我々が名前に対して言霊に近い殊更の価値を見い出しているからなのかもしれない。


評価は、☆五点満点で☆☆☆☆★。


全ての疑問が解き明かされた時に、
主人公二人の馴れ初めのシークエンスには
実は重要なヒントが幾つも隠されていたことに今更ながらに気付く。

原作の功か、脚本の巧さかは知らぬが、
なかなかに良く出来たエピソードの埋め込み。


そして最後のシーンでは、実は人間は思いの外
容易く他人を詐称できることが示される。

ちょっとしたきっかけで、
人のエピソードを拝借する
或いは成りきるのは、普通の人でもあること。

ましてやアイデンティティーが揺らいだ時であれば、
猶更のことだろう。

要は程度問題なのだから。

冒頭とエンディングで示される絵画、
ルネ・マグリット』の〔複製禁止〕はきわめて示唆的だ。