RollingStoneGathersNoMoss文化部

好奇心の向くままどたばたと東奔西走するおぢさんの日記、文化部の活動報告。飲食活動履歴の「健啖部」にも是非お立ち寄り下さい

ライダーズ・オブ・ジャスティス@チネチッタ川崎 2022年1月22日(土)

封切り二日目。

席数284の【CINE5】の入りは四割ほど。

 

f:id:jyn1:20220123100449j:plain

 

タイトルの「Riders of Justice」は何のことかと思ったら
主人公達と敵対する犯罪組織の名称。

”正義”を名称にかざす割に、
その実態は不法者の集団。

平和な国との印象を勝手に持っていたデンマークだけど
銃の大量所持といい、このような組織の存在といい、
思いの外、治安には問題があるのかしら。


妻が列車事故に巻き込まれて亡くなったとの知らせを受け、
赴任地のアフガニスタンから急遽帰国した『マークス(マッツ・ミケルセン)』だが、
その悲しみをどこにぶつけて良いのかもわからず、
やり場の無い怒りに苛まれる。

それは娘の『マチルデ』も同様。
自分の自転車が盗まれなければ、
自家用車が故障しなければ、
戦地の父親から国際電話が掛かって来なければ、と
不幸の連鎖の原因を追い求める。

が、女性は強し。
哀しみの中にも、前を向くため
心理療法を受けることを望むが
父親は頑なにそれを拒否する。

そんな折、同じ事故車両に乗っていたものの九死に一生を得た
『オットー(ニコライ・リー・カース)』が彼の元を訪い、
これは人為的に起こされた事件との疑念を数々の傍証と共に告げ、
それを信じた『マークス』は
主犯と目されるギャング組織「Riders of Justice」への復讐に動き出すのだが
事態は予想だにしない方向に転がり出す。


一風変わったリベンジもの。
他の復讐譚とは異なる設定が幾つも。

先ずは、意趣返しの対象の特定に
確証がないのが最大の特徴。
見ず知らずの他人から持ち込まれた
状況証拠のみがよすがとなる。

それに主人公が飛びついてしまったのは、
妻を亡くした空白を埋めるサムシングを持求めていたからか。


彼を助ける『オットー』とその仲間たちは皆々文系で
リサーチの役には立つも、腕っぷしはからっきし。

オマケに皆々が過去の体験によるトラウマを抱え
頼りになるんだか、ならないんだか。

時として『マークス』からの八つ当たり的な暴力を喰らい、
それでも協力を惜しまないモチベーションが何処にあるのか、
傍目には凸凹にしか見えない
何とも危ういグループなのはその最たるところ。


『マークス』は現役の軍人とのマッチョな設定も
ガンアクション等の場面は過少。

尺のほとんどを、疑似的にファミリーを形成する
仲間内の会話に割いており
その中で現代的な病理や社会が抱える矛盾が浮かび上がる。

一つの復讐劇にとどまることなく
それらを寛解する過程をも描き出すのだが
明らかになったコトの真相はあまりに皮肉で
鑑賞者は唖然としてしまう。

もっとも、説得力のある傍証でぐいぐいと押しまくる
スピード感満載の脚本に、目くらましをされているのだが。


評価は、☆五点満点で☆☆☆☆。


目に見えることだけが真実ではなく、
世間は絡み合った複雑系で構成され、
確率的には否定されても
風が吹けば桶屋が儲かる」的な連鎖は
現実には個々人の与り知らぬところで
起きている可能性も提示される。

一人の幸福が他の人々の不幸を呼び込む悲壮な出来事は
思いの外、そこかしこに偏在をしているのかもしれない。

ハウス・オブ・グッチ@チネチッタ川崎 2022年1月16日(日)

封切り三日目。

席数284の【CINE5】の入りは四割ほど。

 

f:id:jyn1:20220118075133j:plain

 

「長者三代続かず」或いは
「初代が作り2代目で傾き3代目で潰す」とも言う。

事業の継承は難しいことの例えも
本作はそれを地で行く内容。

もっとも、運命の女である『パトリツィア(レディー・ガガ)』の存在が無ければ、
「グッチ」の創業一族は、また違った路を辿ったかもしれぬが。

いやしかし、
冒頭のモノローグからも判るように、
実際に彼女が愛したのは
『マウリツィオ(アダム・ドライバー)』ではなく、
憧れの「グッチ」そのものだったのかもしれない。


当主の息子に取り入るため、弄する手管はほぼほぼハニートラップ。
かなり強引に近づいて行く。

最初は金と地位目当てと思わせるものの、
一旦、一族の中に収まってしまえば、
今度はブランドの存続に心を砕く。

実話かどうかは定かではないものの、
コピー品を駆逐する一連の件は、
当時としては何たる慧眼と驚嘆する。


一方の『マウリツィオ』は意外と凡庸。

法律家を目指しているとの履歴は
おっ!と感じさせるが、
『パトリツィア』の指示通りに動くことで全権を掌握した後は
逆に彼女の存在を疎ましく感じだし・・・・、とは
ありがちなパターン。
贅沢三昧で、結果滅亡を早める。

夫の変心で嫉妬の炎に焼かれた『パトリツィア』の行動が
やがて更なる悲劇を生む。


ことほどさように、本作での『レディー・ガガ』の存在感は強烈。
アリー/ スター誕生(2018年)〕でもそうだったように、
愛する男を心ならずも破滅させてしまう女を、
渾身の演技で表現する。


評価は、☆五点満点で☆☆☆☆★。


世界的に有名なブランドの、それも事件の帰結から三十年も経っていないのに、
その醜聞を書籍化し更に映画化する。

ドキュメントの世界もショウビズの世界も
つくづく恐ろしいものだと思う。

 

コンフィデンスマンJP 英雄編@109シネマズ川崎 2022年1月15日(土)

封切り二日目。

席数349の【シアター6】の入りは七割ほど。

直近では例によって「CX」が過去作の放映等で
散々と煽りを入れているのだが、思いの外
盛況とはなっておらず。

オミクロン株の影響もあるのかなぁ、と
思ったりもする。

 

f:id:jyn1:20220117072815j:plain

 

劇場一作目ではまんまと騙され、
これはいかんと二作目の鑑賞前には
煽りで放送されたテレビシリーズで散々復習、
ほぼほぼ読めたぜ、と
ほくそ笑んだのだが、はて鑑賞者として
これは正しい向き合いかと疑問に感じたのも事実。

頭を空っぽにして、虚心坦懐に向き合い、
繰り広げられる騙し・騙されを受け身で楽しみ、
最後のタネあかしでアッと驚く、
これが正しいスタンスなんじゃないか(笑)。

なので今回は初心に戻り、ある種
虚心でスクリーンと向き合ったのだが・・・・。


でもやはり、そうした向き合いは自分には合っていないよう。
冒頭のシークエンスで、もはやニヤリと含み笑いをしてしまう。

その後の展開も、シチュエーションは違えども、
過去の同作からのセルフオマージュや
{コン・ゲーム}の名作からのコラージュで
既視感のある場面の連続となる。


もっとも、構成の複雑さは過去一番。

物語の流れに身を任せる中で、随分と早い展開だなぁ、
尺の半分も来ていないだろうに、ここまで進行させて良いのか、との疑念は、
後々に準備された驚きの結末への序段の仕掛け、
こりゃ~練り込まれた脚本だと、思わず吐息を漏らす。

わけても
義賊が誘拐をする?との一種の反則行為に
疑念を持つか持たぬかで
推理が大きく分かれる構造は
観る側を完璧に欺く素晴らしい造り。

加えて、物語の山場での圧倒的な矛盾、
世界を股に掛ける詐欺師が、
そんなことで騙されるか?との冷笑にも
ちゃんと答えを(科白表現ではあるけれど)用意する周到さ。


一方でエピソードを盛り盛りにしたため、
タネ明かしのパートでは性急さも感じる。

ただこれは、スピーディーさとの兼ね合いなので
難しいところだが。


評価は、☆五点満点で☆☆☆☆。


お約束のエンドロール後の
オマケエピソードの楽しさと共に、
本編中にも『三浦春馬』『竹内結子』をリスペクトで登場させる
優しさも併せ持つ。

その代わりと言っては何だが、
新たな仲間を引き入れ、その活躍が
今回の面白さの鍵となっているのは間違いのないところ。

フタリノセカイ@109シネマズ川崎 2022年1月15日(土)

封切り二日目。

席数89の【シアター9】の入りは二割弱。

ちょっと寂しい客足だけど、
この後の回は舞台挨拶付きなので、
主演の女優さんや男優さんが目当ての人は
そちらへ行くのだろうな。

 

f:id:jyn1:20220116094859j:plain

 

直近では「LGBTQ」に題を取った映画が
随分と多い印象。

ただ何れの作品も、
彼等・彼女等が抱える葛藤に加え、
性別とは関係なく、人が人を愛するテーマが通底に在るので、
なんとなく似通った事後の感想を持ってしまう傾向はある。

本編とて例外ではない。
もっとも劇中で、特に後半以降に描かれる選択肢は
かなりショッキングではあるのだが。


二人の出会いは一目惚れにも近い、
{ボーイ・ミーツ・ガール}のセオリーを踏襲するもの。

しかし以降の展開は、モンタージュの構成からし
不穏さを感じさせる。

その原因は、『結(片山友希)』がシスジェンダーなのに対し、
『真也/愛(坂東龍汰)』の方はトランジェンダー
(女性の体で生まれたのに、心は男性)だったことにある。


事実が共有された後も、『結』の『真也/愛』を思う気持ちに
表面上は変化は見られない。

元々の相性はぴったり。
周囲の理解も得られ、
男性の体になるとの目標を応援もし、
関係は順調にそうに見えたのだが、
心の奥底に潜むわだかまりが、
あることを契機に爆発する。

これは、カップルあるある。
夢を追い求める子供じみた男と
しっかりした女の関係性で
過去から何度となく描かれて来た典型的な諍い例の転用。

言っては悪いのだが、このシークエンスでは、
あぁ、性の形は違っても、やっていることは何も変わらないのだな、と
変な感慨を持ってしまう。


しかしこれは、以降十年にも及ぶ
二人の関係性の序章にしか過ぎない。

以降は、あてこすりあり、
逃避の末の安易な恋愛ありで、
ちょっとしたメロドラマを観ているふう。

「LGBTQ」との色眼鏡を外せば
あまりにありがちな描写の数々。


ただ冒頭挙げたように、最後に二人が選んだ道は
相当に賛否が分かれるだろう。

ちなみに自分は、その手法に関しては「否」なのだが。

なんと言っても、確率が悪すぎるでしょ、
その行為は。


評価は、☆五点満点で☆☆☆★。


九十分弱の短い尺に
多くのエピソードと関係者を詰め込んだため、
エピソード間の遷移に唐突感があり、
人間関係やシチュエーションの説明も随分と不親切。

行間を埋めながら頭を回転させるのは
映像表現の醍醐味ではあるものの、
それにしても省略が多すぎで、
観ながらかなり混乱をきたしてしまう。

もう少し丁寧に場面を繋げれば、
違った感慨を持ったかもしれぬ。

有名人慈善絵馬展@川崎モアーズ 2022年1月15日(土)

今年も1月9日(日)~31日(月)の間で、
【7F・8F エスカレーター脇】に賑々しく展示されている。


稲毛神社」の公式HPにも案内はあるけれど、
「モアーズ」のHPの方があれこれと纏まっていて
丁寧な造り。

 

f:id:jyn1:20220114083504j:plain

チャリティー企画なので
入札箱もちゃんと用意され。

でも、皆、どの程度の金額を書き込むのだろう、
上限は20万円と決まっているのだから、
同額なら抽選になるのかしら。


顔ぶれも
毎年必ず見かける名前もあれば、
去年は有ったハズなのに・・・・、と
記憶を辿る名前もあり。

絵柄も、干支の虎にあやかる人もいれば、
何があっても〔梟〕の画を出す『釣谷みよ子』の例もあったりと、
見飽きないのも、同展の良いところ。

まぁ、何れにしても吉祥に違いはないのだし。

小林清親展【増補】-サプリメント-@練馬区立美術館 2022年1月8日(土)

f:id:jyn1:20220113082952j:plain

 

「収蔵作品による」との但し書きが付いている。

しかも、「サプリメント」って何さ?と
少々訝ってしまう。

どうやら2015年に「没後100年展」を同館で開催し、
その後、多くの作品や資料・遺品が寄託されたことから
それらを紹介するための今回の催し=サプリメント(増補)
とのことらしい。

 

なるほど展示されている中には
本人着用の烏帽子や裃もあり、
特に後者はもうぼろぼろだが、
本人が生きていた時代を感じさせる。

明治の頃は、まだまだ江戸期の風情が残っていたのだなぁとの感慨も新たに。


また、版画作品の多くには
下絵となった水彩のスケッチも添えられ、
作家が画面から引いたり足したり、
或いは強調したりとの工夫の様子も窺い知れる構成になっている。


版画以外の肉筆画の展示も楽しい。

〔弁慶と小町〕は艶笑系だし、
〔達磨の大あくび〕はユーモアのセンスが溢れるもの。

何れも作者の人となりを
十二分に垣間見られる作品群だ。

 

会期は~1月30日(日)まで。

 

土田ヒロミ写真展「ウロボロスのゆくえ」@キヤノンギャラリーS 2022年1月8日(土)

当日は「作家滞廊中」との張り紙があり、
その名前からてっきり女性かと思ったら、
実際は初老の男性で、知己と思われる同年代の人達と
声高に懇談をしている。

後でプロフィールを確認すると、

1939年のお生まれなのね。
当年で83歳。
その割には、見た目はかくしゃくとしている。

 

f:id:jyn1:20220112083714j:plain

 

並んでいる多くは工場の写真。
太い配管が剝き出しになり
「ポンピドーセンター」を思わせる(行ったコト無いけど)。

或いは工場の内部では
高炉から真っ赤な鉄が流れ出し、
車の熔接時には火花が飛び散る。

何れもが、高度経済成長期の
重厚長大の代表のような景色。

しかし、これらはまだまだ現役なのよね、たぶん。
今でも日本の産業をしっかり下支えしてくれているのだろう。


タイトルの「ウロボロス」は〔ハガレン〕で有名になったけど、
自身の尻尾を加えて円環になった竜を図案化したもの。

「死後の再生」や「不老不死」の表象とされるらしいけど、
先の写真群を重ねた時に、なるほどと頷けてしまう。


会期は~1月17日(月)まで。