RollingStoneGathersNoMoss文化部

好奇心の向くままどたばたと東奔西走するおぢさんの日記、文化部の活動報告。飲食活動履歴の「健啖部」にも是非お立ち寄り下さい

映画

DUNE/デューン 砂の惑星@チネチッタ川崎 2021年10月17日(日)

封切り三日目。 席数488の【CINE12】の入りは三割ほど。 冒頭、タイトルの下に小さく「part one」の文字が表示され思わず仰け反るとともに、まぁそうだよなぁと納得もする。 思い出されるのは『デイヴィッド・リンチ』による〔デューン/砂の惑星(1984年)…

燃えよ剣@チネチッタ川崎  2021年10月16日(土)

封切り二日目。 席数407の【CINE11】の入りは四割ほど。 それにしても本作は、最初から最後まで濃密な様々な死の描写に溢れている。 もっとも『近藤(鈴木亮平)』『土方(岡田准一)』『沖田(山田涼介)』の三人も皆死んでしまうのだし、それ以外の主要…

最後の決闘裁判@109シネマズ川崎  2021年10月16日(土)

封切り二日目。 席数118の【シアター5】の入りは三割ほど。 〔エイリアン(1979年)〕で名を上げはしたものの、近年ではそれに纏わる駄作を乱発し名を落としている『リドリー・スコット』。 もっともデビュー作は〔デュエリスト/決闘者(1977年)〕で日本公開…

ONODA 一万夜を越えて@TOHOシネマズ川崎 2021年10月9日(土)

封切り二日目。 席数142の【SCREEN1】の入りは七割ほど。 客層は高齢者が多く、自分も含め『小野田寛郎』の帰還を リアルタイムで知っている世代と見受けられる。 このストーリーには当然、前段がある。 終戦から数十年を経ても残留日本兵が潜伏している…

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ@チネチッタ川崎  2021年10月3日(日)

封切り三日目。 席数488の【CINE12】の入りは五割ほど。 言われてみれば改めて気づかされる、「007」は「殺しのライセンス」を与えられた証であり、本来的には特定の個人を指すものには非ず。 ところがあまりにも嵌っているため「001」から始まり、十を超…

護られなかった者たちへ@TOHOシネマズ日比谷  2021年10月2日(土)

封切り二日目。 席数120の【SCREEN8】は満員の盛況。 みんな緊急事態宣言の解除を待ちわびていたんだねぇ。 だからといって、以前より安全が保障されているわけじゃあないんだが・・・・。 ここ最近の『瀬々敬久』はノリに乗っている。 〔友罪(2018年)〕…

マイ・ダディ@TOHOシネマズ川崎  2021年9月25日(土)

封切り三日目。 席数112の【SCREEN8】は一席おきの案内なので実質56席。その八割ほどが埋まる客の入り。 聖職者が必ずしも聖人でないことは、彼等による、特に性的虐待を描いた映画が多く作られていることからも判るところ。 その闇は深いのだが、本作…

空白@109シネマズ川崎  2021年9月23日(木)

本日初日。 席数118の【シアター3】は、一席空けての案内だと実質70席弱。その八割ほどが埋まっている。 小売店での万引きの被害は甚大と聞く。中にはそのために閉店や移転を余儀なくされるケースもあるらしく。 なので、自身が経営するスーパーで女子…

MINAMATA-ミナマタ-@109シネマズ川崎  2021年9月23日(木)

本日初日。 席数118の【シアター3】は、一席空けての案内だと実質70席弱。その、九割ほどが埋まっている。 『ユージン・スミス』は間違いなく、世紀を代表する写真家。 「マグナム」の正会員でもあり〔楽園への歩み〕の様にメルヘンさえ感じさせる一枚…

マスカレード・ナイト@109シネマズ川崎  2021年9月19日(日)

封切り三日目。 席数246の【シアター1】は一席おきの案内なので実質135席ほど。 それがほぼほぼ満員の盛況。 原作は共に未読も、そのトリックがあまり映像向けでないことから「whodunit」よりも「whydunit」に、また異色の相棒誕生の経緯と、そのハレ…

先生、私の隣に座っていただけませんか?@109シネマズ川崎 2021年9月11日(土)

封切り二日目。 席数118の【シアター3】は一席おきの案内なので実質70席弱。 入りはその八割ほど。 ここには三人の「先生」が登場する。 一組の漫画家の夫婦は、妻『佐和子(黒木華)』は今では売れっ子、一方の夫『俊夫(柄本佑)』は嘗ては妻に憧れを…

ムーンライト・シャドウ@TOHOシネマズ川崎 2021年9月11日(土)

封切り二日目。 席数158の【SCREEN3】は一席おきの案内なので実質80席。 入りはその三割ほど。 もう三十年も前に出版された『吉本ばなな』の〔キッチン〕。 話題作だったこともあり(なんといっても『吉本隆明』の娘のデビュー作)、直ぐに読了、今でも…

アナザーラウンド@チネチッタ川崎  2021年9月5日(日)

封切り三日目。 席数290の【CINE4】は一席空けての案内なので実質145席。その二割ほどが埋まっている。 真偽のほどは判らないが、血中のアルコール濃度が0.05%の時に人はベストパフォーマンスを発揮できるとの説がある由。 もっともその言を吐い…

鳩の撃退法@109シネマズ川崎  2021年8月28日(土)

封切り二日目。 席数246の【シアター1】は一席おきの案内なので実質135席。その八割ほどが埋まっている入り。 嘗ての直木賞作家『津田(藤原竜也)』も以前に出版した実際の出来事を元にした小説が訴訟沙汰になり今ではすっかり干されてしまい、流れ流…

ドライブ・マイ・カー@TOHOシネマズ日比谷  2021年8月22日(日)

封切り三日目。 席数489の【SCREEN12】は一席空けての案内なので実質245席。 それが満員の盛況は正直、意外。なんと言っても上映時間180分の長尺だし。 「カンヌ」で脚本賞を獲ったとの事前の煽りが効いているのか。或いは「ハルキスト」は映像にも…

孤狼の血 LEVEL2@チネチッタ川崎  2021年8月21日(土)

封切り二日目。 席数191の【CINE10】は一席おきの案内なので実質は95席ほど。 その九割方は埋まっており、この手の作品の人気の高さをうかがわせる。 『大上(役所広司)』の死から三年、それにしてもバトンを受け継いだ『日岡(松坂桃李)』の変貌ぶり…

ドント・ブリーズ2@TOHOシネマズ川崎 2021年8月14日(土)

封切り二日目。 席数147の【SCREEN2】は一席おきの案内なので実質73席。それが満員の盛況。 冒頭のシーン、燃え盛る家から逃げ出して来た少女が道路に倒れ伏す。 それから八年後、彼女は何故か、あの「盲目の男」と一緒に、山奥の一軒家で暮らしている…

明日に向かって笑え!@109シネマズ川崎  2021年8月7日(土)

封切り二日目。 席数72の【シアター10】は、神奈川県も「緊急事態宣言」が発出されたことにより一席空けての案内でほぼほぼ40席。 その九割方が埋まっている。 相変わらず酷い邦題だなと思う。 劇中のどこにも〔明日に向かって撃て!〕を思わせるシーン…

イン・ザ・ハイツ@109シネマズ川崎  2021年7月31日(土)

封切り二日目。 席数118の【シアター5】の入りは七割ほど。 「ワシントンハイツ」と聞くと占領下の、今でいえば代々木公園一帯に在った兵舎/家族用居住宿舎などの在日米軍施設を想起してしまう年代です、すいません。 当然、本作の舞台であるニューヨー…

ブラック・ウィドウ@109シネマズ川崎  2021年7月25日(日)

封切り三週目。 それでも席数127の【シアター2】の入りは八割越えの盛況。 直近では〔ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年)〕を含めすっかり武闘派になってしまった『スカーレット・ヨハンソン』だが個人的には〔真珠の耳飾りの少女(2003年)〕や〔ジョジョ…

17歳の瞳に映る世界@TOHOシネマズシャンテ 2021年7月18日(月)

封切り三日目。 席数190の【シャンテ-3】は一席空けての案内なので実質95席が九割方の入り。 本作を手短にまとめてしまえば、望まぬ妊娠をした十七歳の少女が中絶をするまでの顛末、と僅かに二十五文字で納まってしまう。 ただ、ここで語られる幾つも…

プロミシング・ヤング・ウーマン@TOHOシネマズ川崎 2021年7月17日(土)

封切り二日目。 席数147の【SCREEN2】の入りは五割ほど。 そのタイトルにある通り『カサンドラ(キャリー・マリガン)』は将来を嘱望された女性だった。 医療系の大学に入り、その手技も頭脳も並みいる男子学生達を圧倒していた。 なのに今は、街場のコー…

ライトハウス@チネチッタ川崎  2021年7月10日(土)

封切り三日目。 席数191の【CINE10】は九割方の入りと盛況。 それにしても、いくら封切館が少ないとは言え、この手の映画がこんなに混むなんて正直かなり意外なんだが。 閉鎖空間で少数の人間が交わる時、必ず狂気を発する者が出来する。 「マンダレー」…

スーパーノヴァ@TOHOシネマズシャンテ 2021年7月4日(日)

封切り三日目。 席数224の【シャンテ-1】の入りは八割ほど。 普段は女性客や男女のカップルが多い劇場だが、今日に限っては男性の二人連れを殊の外見かける、しかも老いも若きも。 作品が客層を呼ぶ典型例だろう。 スーパーノヴァ=超新星とは随分と雄…

Arc アーク@チネチッタ川崎  2021年6月26日(土)

封切り二日目。 席数244の【CINE6】の入りは一割ほど。 『山田鐘人/アベツカサ』による〔葬送のフリーレン〕では悠久に近い時を生きる「エルフ」の魔法使いが主人公。 彼女の前では人間の一生など、目の前を通り過ぎる落ち葉にしか過ぎない。 しかし、そ…

夏への扉-キミのいる未来へ-@109シネマズ川崎 2021年6月26日(土)

封切り二日目。 席数118の【シアター3】の入りは六割ほど。 原作は1956年に発表されたSFの古典にして名著。 日本での海外SF小説のランキングでは必ずと言っていいほど上位に位置付けられる。 何故に今まで映画化されてなかったんだろうと不思議に思う…

クワイエット・プレイス 破られた沈黙@TOHOシネマズ上野  2021年6月20日(日)

封切り三日目。 席数112の【SCREEN5】は一席空けての案内なので実質56席。それが八割ほどの入りになっている。 正式なタイトルは〔A Quiet Place: Part II〕。全体的な流れを見た時に、邦題よりも、こちらほ方がよほどしっくり来るのは毎度のこと。 加…

RUN/ラン@TOHOシネマズ川崎  2021年6月19日(土)

封切り二日目。 席数542の【SCREEN5】の入りは二割ほど。 『ディクスン・カー』が創造した『ギディオン・フェル』博士が解決した事件にも現れるように、緑のカプセルについては、何かしらの曰くが付いているものと昔から相場は決まっている。 未熟児とし…

ザ・ファブル 殺さない殺し屋@109シネマズ川崎 2021年6月19日(土)

封切り二日目。 席数89の【シアター9】は満員の盛況。 続編モノものの成功が難しいのは論を待たず。失敗例の方が数多で、直近でも〔アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲〕の出来はかなり酷いものだった。 その点〔ザ・ファブル〕に関しては、元の物語りの骨格…

Mr.ノーバディ@チネチッタ川崎  2021年6月13日(日)

封切り三日目。 席数154の【CINE9】の入りは六割ほど。 主演の『ボブ・オデンカーク』が、「チビ太のおでん」を持ちながら「Mr.ODENと呼んでくれ」とのしょうもない予告編や〔ジョン・ウィック〕の脚本家が制作陣に参加との煽り文句はああまたこの…