RollingStoneGathersNoMoss文化部

好奇心の向くままどたばたと東奔西走するおぢさんの日記、文化部の活動報告。飲食活動履歴の「健啖部」にも是非お立ち寄り下さい

#映画祭

第13回恵比寿映像祭@東京都写真美術館 2021年2月13日(土)

今回のタイトルは”映像の気持ち”。展示も常よりも映像に寄せた内容となっている。 会期は2月5日(金)~21日(日)も、 前日にWebサイトをチェックしていたら事前予約が必要なことが判明。 入場は一時間タームで滞在可能時間は二時間まで。 実際の展示も…

SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA 2020@表参道ヒルズ スペース オー 2020年9月22日(火)

今日の二つ目の鑑賞プログラムは”NON-FICTION 3”。 タイトルこそ「ノンフィクション」となっているけれどどちらかと言えば「ドキュメンタリー」に近い印象。 〔On Hold(保留中)〕 フィンランド映画。若者向けの電話相談室に掛かって来た通話を内容はそのま…

SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA 2020@表参道ヒルズ スペース オー 2020年9月22日(火)

本来であれば6月に開催されるハズだった標題イベント。コロナ禍でずれ込みはしたものの実現できたことは慶賀の至り。 ただ例年とは入場時の方式が異なり、ちょっと手間取ってしまう。 予約券受け取り⇒整列⇒入場ではなく整列⇒予約券受け取り⇒入場となってい…

SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA 2019@表参道ヒルズ スペース オー 2019年6月9日(日)

本日の午後イチは「コンペティションプログラム」の ”インターナショナル 3” 入場時に渡された投票券を 鑑賞後に用意された箱に投函する。 ①仲良し3人組(We Were Three) ~これが事実を基にした物語とは、背筋が寒くなる。 有りがちな仲間内の悪ふざけも、…

SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA 2019@表参道ヒルズ スペース オー 2019年6月8日(土)

昼下がりは”DIVERSITY”。 開催場所の【スペース オー】が渋谷区に在る所縁だろうか 〔Shibuya Diversity プログラム〕との副題が冠され六本の上映。 ①私だって(Herd) ~障碍のある姉を持つ妹の葛藤。それでも血の繋がりの濃さにほろりとさせられる。 ②感覚…

SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA 2019@表参道ヒルズ スペース オー 2019年6月8日(土)

本日の昼は”KAWAGOE”。 川越市とのタイアップで地域の魅力を伝えるショートフィルムがお題。 応募作品の中からファイナルに残った三作の上映と表彰式、その後には 審査員である『松本蘭』のライブパフォーマンス。 ヴァイオリンで奏でられたのは 〔ト…

SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA 2019@iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ 2019年6月2日(日)

今年も”SSFS”の季節がやって来た。 さて、何回行けるだろうか? 初っ端は「supported by 赤十字」の 〔戦争と生きる力 プログラム2〕で七本の上映。 ①息子を待つ母(Empty View) ~胸が締め付けられるアニメーション。こんな悲しい出来事が世界から早…

SSFF&ASIA2017@iTSCOM STUDIO & HALL 2017年6月17日(土)

標題会場での本日の上映は 〔KIDS Program〕13:30~ 〔War and the Power to Live Program〕15:40~ 時間は前者が一時間、後者はティーチインを除き一時間半。 プログラムは前者が 〔THE GIFT〕 〔ダム!~ちびっ子ビーバーの物語~〕 〔ミニ人間の冒険〕 …

SSFF&ASIA2017@スペース オー 2017年6月3日(土)

”ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2017 ”も 本日は会期三日目。 同じ無料のイベントでも内容によって、 例えば有名人の登壇が予定されているそれ等は 早々に満席に。 かなり前の時点からマークしてたんだけど やはり耳が聡い人は世の中に…

ショートショートフィルムフェスティバル@ラフォーレミュージアム原宿 2016年6月11日(土)

二年前とは、随分と開催形式が異なっている。 「フェステイバル」と「コンペティション」の要素が強くなり 更には「エンターテインメント」性も加味。 開催期間も6月3日~26日と長期に渡り 会場も都内+横浜の計五か所、 随分と規模が拡大している。 入場も、…