RollingStoneGathersNoMoss文化部

好奇心の向くままどたばたと東奔西走するおぢさんの日記、文化部の活動報告。飲食活動履歴の「健啖部」にも是非お立ち寄り下さい

#絵画

1080-イチゼロハチゼロ@UNPEL GALLERY 2021年5月5日(水)

前回訪問時に、受付の人から本展のフライヤーを提示され「あまり馴染みのない学校名と思いますが、是非いらして下さい」と、宣伝されたからでもないのだが・・・・。 ”花残り-大学日本画展@UNPEL Ⅴ””九州産業大学 日本画在学生+展”とされている。 五名の作…

ACT小品展2021@The Artcomplex Center of Tokyo 2021年5月1日(土)

【ACT2~5】では標題の”小品展”が、 【ACT1】では”stella nova 10”が開催中。 事前予約は不要になったけれど入館時には、検温・手指の消毒・連絡先の記入が求められる。 自分の滞廊時に、他の来場者は二人ほど。 本日の目的は”小品展”の方。 部屋ご…

光風霽月@佐藤美術館 2021年5月1日(土)

ここ暫くは週末の度に荒天で、駅から離れた場所へ行くのは億劫になってしまう。 なので標題館も随分と久方。この間に、行くべき展覧会を幾つか観過ごしてしまった記憶。 そして標題展も、明日の最終日を前にしてやっと来れた状況。 もっとも、コロナ禍もあり…

OKETA COLLECTION:4G@スパイラル 2021年4月24日(土)

「4G」と書いてあるから標題展もはや四回目、とのことだろうか。 会期は明25日(日)までも、三度目の緊急事態宣言発出に伴い、どのような対応になるのか見えないので押っ取り刀でやって来る。 早めの時間のせいかもだけど、場内に人影はあまりなく。 人と…

第23回グラフィック「1_WALL」展@ガーディアン・ガーデン 2021年4月17日(土)

グランプリはまだ決まっておらず、現状は五名の作品が素のまま展示されている。 会場内はそこそこの賑わい。 出展者の知己だろうか声高に会話しながら、作品の前で写メを撮り出す女性の二人組も居たり。 一番のお馬鹿さを感じたのは映像も含めた『平手』の作…

花残り-大学日本画展@UNPEL Ⅳ 愛でる@UNPEL GALLERY 2021年4月18日(日)

"金沢美術工芸大学 日本画専攻博士二人展"とのタイトル。 でその二人はといえば『中田日菜子』と『坂本英駿』で何れも既見。 掲示されているプロフィールからも記憶が甦ったけど、とりわけ前者は2017年の”ワンダーシード”で。 自身が飼育している生き物をを…

絕対~zet-tai~@UNPEL GALLERY 2021年3月28日(日)

『土井沙織×土田翔』の二人展は共に「東北芸術工科大学」卒業との共通点があるよう。 同館での”春立つ-大学日本画展”の第三弾の位置づけ。 プロフィールを確認すると『土井沙織』の作品は過去に数ヵ所で観ているハズでうっすらと記憶にもアリ。 なので、あ…

アネックス展2021–自動と構成–@ポーラ ミュージアム アネックス 2021年3月28日(日)

標題館でも事前予約制は取りやめになったよう。 それでもエレベーターを降り入り口前に立てば受付のおねえさんがやって来て検温と手指の消毒。 当日は荒天の中のちょっとした降雨の隙間を突いて来たんだが、さすがに来場者は多くない。 展示されている四名の…

丹羽優太個展「PAINT IT BLACK」@3331 Arts Chiyoda 2021年2月28日(日)

過去の記録を辿ってみると『丹羽優太』の作品は”a.a.t.m.(2017)”と”画心展(2018)”で観ているのね。 モチーフはその時と同様「山椒魚」そして「鯰」「蛸」がぬんめりとした肢体を晒し、実際の「両生類」や「魚類」とはちと違ったこの世のものとは思えぬ存在…

停滞フィールド2020→2021@トーキョーアーツアンドスペース本郷 2021年2月28日(日)

”ACT (Artists Contemporary TOKAS) Vol. 3”が本タイトルになるのかな。 出展は『田中秀介、広瀬菜々&永谷一馬、渡辺豪』の三名。 中でも【1階】の『広瀬菜々&永谷一馬』の作品は類似表現を過去にも観たことがあったかしら。 〔Still Life〕と名付けられ…

4の気配@UNPEL GALLERY 2021年2月28日(日)

どうやら”春立つ-大学日本画展@UNPEL” が、シリーズを通しての共通タイトルのよう。 今回はその二回目、”武蔵野美術大学日本画学科研究室スタッフ研究発表”。 会期は2月28日(日)~3月14日(日)で本日が初日。 それもあってか関係者らしき人の姿が濃く、狭い…

half-blind aliens 半盲のエイリアン@3331 Arts Chiyoda 2021年2月28日(日)

『関智生』と『吉岡俊直』の二人展。 場内に入ると赤色と青色の作品が混在し並んでいる。 目を惹いたのは青系の『吉岡俊直』の方。 置かれている解説を読むとかなり手の込んだ制作過程を経た結果これはゴム板への{版画}技法とのこと。 人や物が今にも溶け…

南薫造 日々の美しきもの@渋谷区立松濤美術館 2021年2月23日(火)

標題館の所蔵作品を、無料で展覧してくれる「サロン展」。 ”松濤美術館公募展”と同時に開催されるのが常で、今年の会期は2月12日(金)~3月7日(日)。 今回取り上げられている『南薫造』は、東京で生まれ「藝大」で学び海外にも遊学。 「東京美術学校」で教鞭…

Rich BLACK Exhibition@Bunkamura Gallery 2021年2月23日(火)

ギャラリー内は、そのタイトルが象徴するように黒色が溢れ、嘗て無いほどに、ほぼほぼ同色で彩られた空間と化している。 平面も黒、立体も黒。よくまあここまで徹底し集めて来たものだと、先ずはその方針に感心。 一方でそれを裏切る様に、来場者は過少だし…

SIX ARTISTS -夢の中の夢-@Bunkamura Gallery 2021年2月13日(土)

タイトル通り、計六名の作品が並ぶ即売を兼ねた展覧会。 会期は~2月14日(日) と終了間近も赤丸シールが付いているものは過少。 中でも『岡本東子』や『蒼野甘夏』の作風は好きな方向性。 もっとも、女性が描かれており、画中の彼女等の面立ちが好ましければ…

アネックス展2021–主体と客体–@ポーラ ミュージアム アネックス 2021年1月16日(土)

標題館の事前予約制は変わらず。入場前には検温と手指消毒。 館内は三々五々の来場者、密にはなっておらず。 計四名の作品が並び入り口近くの『伊佐治雄悟』のそれに目が留まる。 プラスチック製の既製品の容器を熱で変形させたのか、ところどころ半円形にぽ…

椿、咲く。@UNPEL GALLERY(アンペルギャラリー) 2021年1月16日(土)

時節柄とは思われるも「LIXIL」の様にギャラリーを閉めるところもあれば、標題館の様に新たに開設するところもある。 場所は【日本橋高島屋】裏手。 【あいおいニッセイ同和損保八重洲ビル1F 】。 東京駅からも歩いて直ぐなのは有り難い。 「初々しさを…

新宿はなざかり@新宿歴史博物館 2021年1月10日(日)

入館時には検温と手指の消毒。更には入館証への記載も求められる。 【御苑】に咲く花の写真も多く並んでいるけれど、目当ては『広重』や『芳年』の絵、或いは昔の写真。 明治頃の作ではあるものの{蒔絵}の弁当箱も展示されていたり。 勿論これは「花見」用…

2021新春展@The Artcomplex Center of Tokyo 2021年1月10日(日)

標題館に足を運ぶのも久しぶりかも。 受付前で、先ずは入館票への記入、その後、検温~手指の消毒。 例年であればもっと展示スペースを広く取っての開催と思われるも、管理の関係だろう二階の【ACT1~5】のみの展示。 一方で作品はオンラインショップに…

第三弾 日本画解放区@Bunkamura Gallery 2021年1月2日(土)

「伝承と革新、唯一無二の次世代作品」とのサブタイトルが冠され計七名の作品が並ぶ。 基本、展示を兼ねた即売会も自分の訪問時点で赤丸シールが付いているのは廉価の小品二点ほど。 それでも『坂本藍子』のざらっとした黒色の表現、『堤康将』の宇宙服を着…

想起された情景@Bunkamura Gallery 2020年12月6日(日)

「あの時の記憶、その時を記録」とのサブタイトルが付されてはいるが、要は即売を目的とした展示会。 会期は~12月9日(水)迄の一週間と短く、赤丸シールもほとんどついてはない。 計七名の作品が並び『トイヒロユキ』や『樋口佳絵』の画は過去もそうだったし…

石田桐庵 近作展@Bunkamura Box Gallery 2020年11月14日(土)

会期は11月10日(火)~16日(月)と短めも当該施設ではありがちなハナシ。 サブタイトルに「風の光 風の色」ともある様に淡い色調の作品が並ぶ。 歴史に題を取った作品が多く、基本〔平家物語〕ねと観ていると、中には〔太閤記〕もあったりで、おやおやと思った…

大槻香奈個展@アートコンプレックス・センター 2020年9月13日(日)

事前予約の手間がなくなったのは嬉しい。 もっとも 受け付け は置かれており、検温と連絡先の記入は必須。 さて、標題館で開催される『大槻香奈』の個展であれば何を差し置いても行きたい。 今回は「誰でもない僕ら 誰でもないまま」の副題付き。 基本、即売…

第29回奨学生美術展@佐藤美術館 2020年9月13日(日)

29期の奨学生と招待作家二名で構成される本展と28期の買い上げ作品及び標題館が所蔵する過去の奨学生の画が展示される。 並んでいる過去作の中には『榊貴美』『奥村彰一』の名前も。 今回の奨学生十七名の作品の中には、自分の琴線にふれるものは残念ながら…

日本画第一研究室発表展@東京藝術大学美術館 正木記念館 2020年8月30日(日)

毎年恒例の標題展もコロナ下ではどうかと危ぶんでいたが、例年通りの開催は喜ばしい。 事前の予約こそ必要でないものの、入館時には検温と手指の消毒が必要。 館内には計十七名の作品が並ぶ。 中でも『川口富裕実』の〔Woods〕にココロ奪われる。 元々…

狩野派学習帳@板橋区立美術館 2020年8月8日(土)

「今こそ江戸絵画の正統に学ぼう」とのサブタイトル付き。 会期は~8月10日(月)まで。 館の入り口には、マスク着用、等の注意書き。階段を上がった入場口脇には消毒液。 場内は標題館には珍しいほどの入場者数。お盆休みの初日でも、帰省や旅行ができない…

ShinPA-NIPPON-東京展@佐藤美術館 2020年7月19日(日)

本日最終日。 エントランスのエレベーター前には消毒用のアルコールと除菌ペーパー。 各階の入り口ドアは開け放たれ、自分の滞廊中には他の来場者の姿を見ず。 計十六名の作品が展示も何れも共通タイトル通り「日本」を感じさせるモチーフ。 本来なら「東京…

浮世絵に見る名所と美人@たばこと塩の博物館 2020年6月20日(土)

6月2日から営業を再開している標題館。 入り口には消毒用のアルコール液、券売窓口の前には体温確認用のサーモグラフィー。 普段なら新聞掲載の割引券を持参するのだが、残念ながらここ暫くでその告知は行われておらず、正規料金の100円を支払い入場。 館内…

第22回グラフィック「1_WALL」展@ガーディアン・ガーデン 2020年4月3日(金)

本来の会期は3月17日(火)~4月18日(土)も3月27日(金)~31日(火)は休館。 オマケに4月1日(水)から再開されたものの、3日(金)には終了と、もう今日しか行く日はないじゃん!! rcc.recruit.co.jp 開館時間と同時に訪れれば入り口のドアは開け放た…

ACTアート大賞展@The Artcomplex Center of Tokyo 2020年3月28日(土)

先日の『小池』さんの会見後、一旦は再開していた美術館を含め慌ただしく本週末の休館決定が多数。中には会期を切り上げて終了するケースも。 加えて今まで頑張って来た映画館もこの週末は急遽営業休止。オマケに幾つかの封切り作品は公開延期の憂き目に。 …