RollingStoneGathersNoMoss文化部

好奇心の向くままどたばたと東奔西走するおぢさんの日記、文化部の活動報告。飲食活動履歴の「健啖部」にも是非お立ち寄り下さい

#イラストレーション

ポーラ・シェア:Serious Play@ギンザ・グラフィック・ギャラリー 2019年2月16日(土)

『ポーラ・シェア』はアメリカ在住の女性のグラフィックデザイナーとのこと。 一階には各国の地図や地下鉄の線路網をデザイン化した作品が並ぶ。 日本を含め、自身が行ったことのある場所の作品は ほぉ~と、つい見入ってしまう。 また、内何枚かからは強い…

チャリティ・アート・タンブラー@東京ミッドタウン・デザインハブ 2019年2月14日(木)

標題施設でも、こんな企画があるんだねぇ。 ”JAGDAつながりの展覧会 Part 2”との副題が冠されている。 障害のあるアーチストのイラスト作品を「JAGDA」会員が選択し タンブラーのカバーとしてデザイン。 会員の中には『浅葉克己』の名前も見えたりする。 着…

OLD&NEW 松下進個展@Bunkamura Gallery 2019年2月3日(日)

その描かれている絵柄を見れば 我々の世代であれば(勿論、そうでなくても) ああ!ああ!と思いあたる。 「POPEYE」とか「ファミ通」の表紙、或いは 「ガンバ大阪」のキャラクター。 そのアメコミっぽいタッチは一度見たら記憶に刻まれまくり。 即売されて…

日本のアートディレクション展2018@ギンザ・グラフィック・ギャラリー/クリエイションギャラリーG8 2018年11月17日(土)

二館で開催され、会期は~11月22日(木)迄と共通。 【ギンザ・グラフィック・ギャラリー】では会員作品が、 【クリエイションギャラリーG8】では一般作品が、 各々展示されている。 まぁこの催しに来る度に、自分が如何に時代に付いて行けてないかを 毎年の…

good design company 1998-2018@クリエイションギャラリーG8 2018年10月13日(土)

なんでこんなコトになってるの?と 思わず仰け反ってしまうほどの凄い混雑。 それが予め見越されていたのだろうか 普段では見かけない「staff」Tシャツを着用した女性が 随分と多く配置されている、 並んでいるのはタイトル通り 「good design company」が…

日本のグラフィックデザイン2018@東京ミッドタウン・デザインハブ 2018年7月22日(日)

毎年恒例のこの展覧会も 今回は例年にも増して来場者が多い印象。 四十日にも及ぶ長丁場の終盤に来てこの状況は、 単純に外が暑すぎて屋内に人を呼ぶ構造だけではないのだよね? そして、写メを撮る人が更に増えているんじゃないか とも思う。 会期は~7月31…

Harumi's Summer@ギンザ・グラフィック・ギャラリー 2018年7月7日(土)

中に入って吃驚!標題館でこれだけの大仕掛けは 随分と久し振りじゃないか? なんてたって一階のスペースが丸ごとプールサイドに変容している。 それもかなりバブリーなテイストの。 展示会の正式タイトルは ”HARUMI YAMAGUCHI×YOSHIROTTEN”。 しかし、この…

ウィム・クロウエル グリッドに魅せられて@ギンザ・グラフィック・ギャラリー 2018年6月9日(土)

周辺に在る幾つかのギャラリーの中でも とりわけ外人さんの来訪率が高い標題館。 日本語版に加え、いつの間にか、中文・韓国・英語版の 説明シートが用意されている。 で、今日も今日とて、ぱらぱらと 各国の方たちの姿が確認できる。 で、『ウィム・クロウ…

JAGDA新人賞展2018@クリエイションギャラリーG8 2018年6月9日(土)

受賞者は『金井あき・花原正基・福澤卓馬』の三名。 総計百五十二名からの選出だそうだから なんて狭き門。 人数が少ないこともあり、一人当たりの展示スペースはたっぷりだし ディスプレイの仕方もなかなか凝っている。 『金井あき』のパートでは 〔各惑星…

とんぼせんせい展@ガーディアン・ガーデン 2018年5月12日(土)

「とんぼせんせいだよ!全員集合」との副題が冠されている。 『とんぼせんせい』はイラストレーターで ”第9回グラフィック「1_WALL」”ファイナリスト。 逆三角形に配置された三本の短い線があるだけで 何となくそこに人の顔を見ててしまうとゆ~、 人間の認…

中村至男展 2018@クリエイションギャラリーG8 2018年4月28日(土)

”第20回亀倉雄策賞受賞記念”展。 太いシンプルな線で描かれたそのイラストは 一目見れば、たぶん二度と忘れない。 それを意識してのコトだろう 告知の案内も複数個所に異なるものを掲示している。 会場内はそこそこの人の入り。 そして中に入って見れば 表現…

TDC 2018@ギンザ・グラフィック・ギャラリー 2018年4月21日(土)

毎年恒例、昨年一年間の{グラフィックデザイン}の成果を 確認する場所。 スタイリッシュな衣装の来場者で賑わっているのも毎度のコト。 そして今回は、例年以上に海外の作品の多さ、また 標題館で開催された企画展用のポスター類も目に付いたのが特徴的か…

本秀康展「ロックとマンガ」@クリエイションギャラリーG8 2018年3月16日(金)

このタイトルは何事と、一瞬訝ってしまうけど、 並んでいる作品を見ればぴたりと判る。 作者は漫画家にしてイラストレーター。 そのテイストは誰もがたぶん一度は目にしたことがあると思われ。 漫画の原画と共に、 ロックの雑誌の表紙、あるいはCDのジャケ…

平野甲賀と晶文社展@ギンザ・グラフィック・ギャラリー 2018年2月3日(土)

装丁家の『平野甲賀』が「晶文社」で手掛けた装丁本を中心に 地階には数百冊がずらりと並ぶ。 中には自分が持っている本も何冊が混ざっている。 例えば『小林信彦』による 〔日本の喜劇人〕〔世界の喜劇人〕。 出版社は「新潮社」だけど。 自宅に戻り念のた…

マリメッコ・スピリッツ@ギンザ・グラフィック・ギャラリー 2017年11月18日(土)

『マリメッコ』=フィンランド発のデザインハウス、は 以前勉強したこと。 本展はその中から 『パーヴォ・ハロネン/マイヤ・ロウエカリ/アイノ=マイヤ・メッツォラ』 の三名をピックアップ、「日本」をテーマにした作品を展開する。 並んでいるのは何れもカ…

GRAPH展@クリエイションギャラリーG8 2017年11月18日(土)

黄色いディスプレィが目にも鮮やか。 タイトルも「?」だが 入場してみればなんのことはない アートディレクター『北川一成』の作品が並ぶ。 で、ちょっと異色なのは 入って直ぐのスペースが物品の販売所になっていること。 彼がコンセプトやデザインを仕掛…

髙田唯展「遊泳グラフィック」@クリエイションギャラリーG8 2017年9月26日(火)

『髙田唯』のアートグラフィック展。 こうして過去の作品を並べられると、 ああ目にしたコトあるある、あれもこれも、と 記憶が蘇って来る。 それほどに、イマドキな作家さん だと言う理由だ。 一方で「東京造形大学」でも教鞭を執っており、 その教室内で学…

和田誠と日本のイラストレーション@たばこと塩の博物館 2017年9月18日(月)

一般の入場料は100円だが、新聞掲載の割引券を提示し 50円での入場。 さすがの人気物件だけあり、場内はかなりの入り。 加えて三連休の最終日と言うこともあろうか お子連れの家族の割合が高し。 ただでさえ引っ越し前よりも狭くなった会場を 更に二つの展示…

東京東 -シタマチ Discovery-@クリエイションギャラリーG8 2017年9月9日(土)

毎年恒例、「東京イラストレーターズ・ソサエティ」協賛企画。 今年のお題は「東京(都の)東(エリア)」と かなりざっくりとしたもの。 所謂「下町」を意識しているんだろけど その版図には「中央区」あたりまでもが入っているので そうなのかなぁ、と 疑…

宇野亞喜良展「メルへニズム」@A/D GALLERY 2017年9月1日(金)

こ~ゆ~コトがあるから、 日頃からの情報収集とできるだけ足を延ばすのが大事、との 典型例。 移動の中途でふらりと赴いた標題ギャラリー。 望外の展示にぶち当たる。 しかも本日が初日。 特別制作されたトランプと その原画の即売会。 題材は〔浦島太郎、…

フィリップ・アペロワ展@ギンザ・グラフィック・ギャラリー 2017年8月12日(土)

サブタイトルに「Apeloiggg Tokyo」と冠されている フランス人デザイナーの展覧会。 ポスターが主体だが映像作品も。 ポスターの中には同地で開催された『大江健三郎』にちなむものも あったりする。 しかしそのデザイン類を総覧しての感想は 随分とリズム感…

たかくらかずき展「有無ヴェルト」@ガーディアン・ガーデン 2017年7月22日(土)

そのタイトルからは 〔有無ヴェルト〕=『ウンベルト・エーコ』のもじり? と、勝手に考えていたら、どうやら 「umwelt(ウムヴェルト)」=「環世界」との 立派な単語が有るらしい。 ドットが強調された作品群は 角度によって見え方や色が変ったりと なかな…

2017 ADC展@クリエイションギャラリーG8/ギンザ・グラフィック・ギャラリー 2017年7月22日(土)

二つの会場を使用し開催されているのは ここ数年の恒例だけど、ギャラリー毎に会期が異なっているのは 珍しいかも。 【G8】は~7月29日(土)まで。 【ggg】は~7月25日(火)まで。 例によって、昨年から本年前半にかけて 世間を賑わした広告関連を総…

福田繁雄の視覚トリック展@川崎市民ミュージアム 2017年7月15日(土)

そう言えば、ホールに展示されているオブジェは 彼の作品だったな、と 改めて思う。 メインの催しは有料だけど 本展は【アートギャラリー3】での無料展示。 それでもポスターだけ三十点も並べられると 見応えは相当のもの。 中には未見の作品もあり、なまじ…

日本のグラフィックデザイン2017@東京ミッドタウン・デザインハブ 2017年7月2日(日)

何れにしろ、「G8」や「ggg」で ”ADC展”は観る予定。 こちらの方は一作家あたりの作品数は少ないので 醍醐味には欠けるものの、絶対量があるので、包含関係になり 多くを楽しめる良さがある。 訪問したのは週末とは言え、初日から二週間強が過ぎてい…

JAGDA新人賞展2017@クリエイションギャラリーG8 2017年6月24日(土)

「新人賞」と書かれてはいるけれど、 中には「KITTE」のポスター等も展示されており、 これってもう4年以上前の作品だよねぇ、と 独りごちる。 まぁ、39歳以下のシバリだそうなので 要はタイミングの問題かな。 『三澤遥』による〔waterscape〕の実…

ART of ROCK & GRAFFITI@Bunkamura Gallery 2017年5月28日(日)

即売会を兼ねた展示会。 会期は~5月30日(火)まで。 会期最後の週末ということもあろう 会場内はそこそこの入り。 しかし、赤丸シールが貼付されているのは ほんの数点。 写真ありポスターあり、或いはミュージシャン自身のアートワークありで かなり賑やか…

ロマン・チェシレヴィチ 鏡像への狂気@ギンザ・グラフィック・ギャラリー 2017年5月24日(水)

展示されている数多の作品の中で 先ず目に留まるのは〔シンメトリカル・シリーズ〕と題された モノアイのそれ。 顔面と思しきヒトの頭部の中央には 大きな眼が一つだけ。 「ジオン公国」の「ザク」や「ドム」を彷彿とさせるけど、 勿論、こちらの方が遥かに…

ポスターに描かれた昭和@昭和館 2017年5月7日(日)

「髙橋春人の仕事」との副題も併せて、 作者が昭和期に描いたポスターの展覧会。 会期は~5月7日(日)まで。 作者の業績を一覧できる流れになってはいるものの やはり公共系のポスターが多いのは場所柄のご愛敬か。 幾つかの作品、例えば「赤い羽根の共同募…

TDC 2017@ギンザ・グラフィック・ギャラリー 2017年4月15日(土)

やはりこの時期恒例の”TDC展”。 場内は何時ものことながら、かなりの混雑。 グランプリ受賞の 『Jonathan Barnbrook』による〔David Bowie Blackstar Cover Design〕にも 時節柄当然目が行ったけど、 一番の拾いモノは 『大坪メイ』の〔記憶のステッチ〕…