RollingStoneGathersNoMoss文化部

好奇心の向くままどたばたと東奔西走するおぢさんの日記、文化部の活動報告。飲食活動履歴の「健啖部」にも是非お立ち寄り下さい

写真-記録-劇場@ヒルサイドフォーラム 2019年8月4日(日)

”The President at an in-between Stage - 林育良写真個展” とのサブタイトルが付き
ここでの「総統」は台湾の『蔡英文』女史。

一時期は10%台まで下がった支持率が
直近の香港の事件の影響で再び息を吹き返しつつある彼女の
「主席写真官」を務めるのが『林育良』。

イメージ 1



従い、ここでの作品の全ては『蔡英文』に関わるもの。

多くは彼女の背後から撮られているため、
まんま総統が見た景色に重なっているのは興味深い。


ポートレート然とした幾葉かの写真も含め
そこから受け取る印象は圧倒的な孤独感。

そして荒波に揉まれる国を牽引する
強固な意志も感じられる。


とは言うものの、入り口近くに掲示されている
本展の趣旨が書かれたパネルに使われているのは
カメラを構えた『蔡英文』の写真。

実態は茶目っ気のあるおばちゃんなのかもしれんな。