RollingStoneGathersNoMoss文化部

好奇心の向くままどたばたと東奔西走するおぢさんの日記、文化部の活動報告。飲食活動履歴の「健啖部」にも是非お立ち寄り下さい

原点を、永遠に。-2018-@東京都写真美術館 2018年3月25日(日)

会期はまだ二日目。混雑も予想されるし、
終了日はまだまだ先なので普段であれば訪問しないタイミング。

でも行って良かった、と
改めて思うのは、フライヤーを漫然と見ていた時には気づかなかった
実は本展、前・後期制だったと言うこと。

イメージ 1


正式なタイトルは”清里フォトアートミュージアム収蔵作品展”。

前期は3月24日(土)~4月15日(日)
後期は4月17日(火)~5月13日(日)

これで後期も見逃すことがなくなったことと共に
これだけの物量を無料で拝見できるなんて、
主催者サイドの太っ腹さに感服。

オマケに会場内もさほどの混雑にはなっておらず
余裕を持って鑑賞できる状態。


前期のテーマは”歴史編”。なるほど黎明期から現代までの
写真の状況が、しかし作家の要素も取り入れながら俯瞰できる構成。

しかも単純に時系列に並べるだけでなく、
戦争期の作品の中に、イマイマの作家さんの写真をひょいっと入れることで
思わぬ転調が起きて面白い。

こうなると後期の”作家編”
どんなキュレーションを魅せてくれるのだろう、と
楽しみでしょうがない。