RollingStoneGathersNoMoss文化部

好奇心の向くままどたばたと東奔西走するおぢさんの日記、文化部の活動報告。飲食活動履歴の「健啖部」にも是非お立ち寄り下さい

ShinPA-NIPPON-東京展@佐藤美術館 2020年7月19日(日)

本日最終日。

f:id:jyn1:20200722074944j:plain


エントランスのエレベーター前には
消毒用のアルコールと除菌ペーパー。

各階の入り口ドアは開け放たれ、
自分の滞廊中には他の来場者の姿を見ず。


計十六名の作品が展示も
何れも共通タイトル通り「日本」を感じさせるモチーフ。

本来なら「東京五輪」が開催されるタイミングだったのよね、
メイン会場も至近だし。


例えば『堤岳彦』の歌舞伎の隈取に題を取った三作や、
『高橋祐次』の「桃太郎」にRPG的な衣装を纏わせた二枚にそれは顕著。


もっとも自分が一番面白く観たのは
『高岡香苗』の描く龍。

すっとぼけたような眼に、歯並びは乱杭で、
毛も真っ白、老いさらばえ、神通力も発揮できないんぢゃ?と思わせる見目。

でも抗い難い愛嬌が堪らん。


また『平良志季』が描くユーモラスな妖も、
相変わらず楽しげで。

 

sato-museum.la.coocan.jp