RollingStoneGathersNoMoss文化部

好奇心の向くままどたばたと東奔西走するおぢさんの日記、文化部の活動報告。飲食活動履歴の「健啖部」にも是非お立ち寄り下さい

#アーティスト

交差点-いま、ここからの-@Bunkamura Gallery 2021年8月29日(日)

勿論、世界的に有名な「渋谷スクランブル交差点」に掛けているのだろう。 とは言え、イマイマは毎日の様にテレビで見せつけられる、「密」の象徴の場でもあるのだが。 ここでは人が触れ合うことでなのかしらの萌芽があるとの良い意味に取っておく。 会期には…

山崎美弥子展@スパイラルガーデン 2021年8月29日(日)

「Night Rainbow」との副題が付いている 『山崎美弥子』はハワイ在住のアーティストとのことで成程館内は南国の浜辺を思わせるようなディスプレイがされている。 並んでいる作品の多くは、おそらく水平線を描いたもの。 空と水の境目は確かではなく、パステ…

imma天@DIESEL ART GALLERY 2021年8月29日(日)

「imma and friends」との副題が付き計十三名が出展。 『imma(イマ)』はアジア初のバーチャルヒューマンとのことで、彼女?を題材にした作品が並ぶ。 料理の仕方は各人が様々。 POPに描いたものから日本画風の中にはめ込んだもの或いは立体造形まで。 …

「Land and Beyond|大地の声をたどる」@ポーラ ミュージアム アネックス 2021年7月24日(土)

『上村洋一+エレナ・トゥタッチコワ』の二人展。 展示は世界各地で蒐集された写真と画像、それも水が映っているものがほぼほぼを占める。 中には氷河らしきものもあり、暑いこの季節にはぴったりの一服の清涼剤。 が、個人的に一番ツボだったのは低い平台に…

A Scoop of Light@トーキョーアーツアンドスペース本郷 2021年7月23日(金)

オリンピック期間だからだろう、通常の検温~手指の消毒に加え警備員さんによる持ち物検査もある。 以前にも、同様の経験をしたことがあるが都の施設では一様に行われているのかしら。 標題展の正式タイトルは”トーキョーアーツアンドスペースレジデンス2021…

舞山秀一 作品展@ソニーイメージングギャラリー 2021年7月24日(土)

【銀座四丁目交差点】に面した【銀座プレイス6階】がギャラリーの場所。 地階の飲食店も含め、この商業施設に入るのは初めてかも。 もっとも標題ギャラリーもコロナ禍で開館したりしなかったり。 標題展には「BOTANIZATION」との副題が付されているけど「植…

描画図鑑@佐藤美術館 2021年7月23日(金)

以前はそうではなかったはずだが、エレベーターで一気に5階に上がろうとすると事務所の在る2階で強制停止され、事務員さんが待ち構えており検温を促される。 まぁ平熱だし、エレベーターのボタンを押す前にはちゃんと手指の消毒をしているので問題ないんだ…

女優顔@Spiral Garden 2021年7月22日(木)

元々は今春に開催予定されていたものがコロナ禍で延期になり、7月14日(水)~8月8日(日)の会期で開催中。 とはいえ、非常事態宣言中ではあるけどね。 元来、映画ですら出演女優さんが観る観ないの判断に大きく影響するくらいだから本展には興味津々。 五…

Mimi Yokoo EXHIBITION@KITTE 4F 2021年7月18日(日)

「The Chain Museum」の展開するアプリ「ArtSticker」が実ギャラリーで作品を展示する「REAL by ArtSticker」の第二弾。 『横尾美美』の個展で会期は~7月25日(日)まで。 同所には「インターメディアテク」も在るし 同時に訪れれば尚、好都合。 ただ「IM…

江藤玲奈・竹原美也子2人展@UNPEL GALLERY 2021年7月18日(日)

「それぞれの物語」なる副題が冠されているが、なんともありきたり。 でも、展示内容はそれとは関係なく満足の行くのも。特に『江藤玲奈』の作品については。 先ずは〔星回り〕とされている一連のシリーズ。 星座とそれに纏わる生物を忠実に描いているように…

第八次椿会 ツバキカイ 8 このあたらしい世界@資生堂ギャラリー 2021年7月4日(日)

会期は6月5日(土)~8月29日(日)と、随分と長めに取られている。 計六名の作品は、大掛かりなものからほんの小品まで。或いは、過去に目にしたことがあるものから初見のものまで。 中でも『宮永愛子』のナフタリンを使ったお馴染みのそれは大好きな手法。…

滝平二郎きりえ展 民話の夏@ノエビア銀座ギャラリー 2021年7月4日(日)

ず~っとムカシ、「朝日新聞」の日曜版の一面は『滝平二郎』の{きりえ}だった記憶。 陰影が強く輪郭が太く、加えて鮮やかな色彩が印象的な。 本展のタイトルは”民話の夏”となっており、創作民話を題にしたものともとれるけど並んでいる作品の多くは夏の風…

ベンジャミン・リー展2021@Spiral Garden 2021年6月27日(日)

会期は6月15日(火)~27日(日)で既に終了。 自分の訪問は最終日だが、大した混雑にはなっておらず。 ”The UNIVERSE of an IMAGINATION”との副題が付されている。 展示されているのは、ほぼほぼ著名人のポートレイト。 それも一目見れば、名前が思い浮かぶくら…

妖-AYAKASHI@Bunkamura Gallery 2021年6月27日(日)

夏の風物詩とも言えようか。 しかし、背筋をぞっとさせるような怖さや薄気味悪さを纏った作品は皆無。 計十六名の作品を並べた展示即売会。 中には『平林貴宏』『山本タカト』『岡本東子』の好きな作家さんの名前も。 基本、展示即売会なので幾つかには赤丸…

都美セレクション グループ展 2021@東京都美術館 2021年6月27日(日)

【ギャラリーA・B・C】を使い、しかも無料で観覧できる恒例のグループ展。 中でも【ギャラリーA】の”体感A4展”が一番足を停めて観る作品が多かった。 小さなゼンマイを組み合わせ、壺の様に造形する『西島雄志』。 コピー機の上にスケルトンで造られた第二…

居場所はどこにある?@東京藝術大学美術館 陳列館 2021年6月20日(日)

会期は本日が最終日。事前予約が必要も、会場内はなかなかの混雑ぶり。 受付でPeatixのチケットを提示、検温~手指消毒ののち、入場が叶う。 『荒木夏実』のキュレーションのもと、十人(組)の作品が並び、面白い仕掛けに気付く。 一階に在る『岡田裕子』の…

日本人男性のポートレート展-熱狂の男たち-@ヒルサイドフォーラム 2021年6月12日(土)

会期は6月8日(火)~13日(日)とかなり短くそれもあってか会場内は相当に密な状態。 勿論、入場時の検温と消毒はしっかりされてはいるもののこの状態はあまり喜ばしいことではない。 また、来場者に女性が多いのも一つ要因で、並んでいる作品を考えれば当然の…

少女礼賛-少女たちが奏でる共通認識-@Bunkamura Gallery 2021年6月12日(土)

平面で二十五名ほど、立体では十名強の作品が会場内には並ぶ。 『金子國義』『トレヴァー・ブラウン』とのお馴染みの名前もあれば『イヂチアキコ』や『黒木こずゑ』の作品を観るのは初めてだったかしら。 予告には『山本タカト』もクレジットされていたけど…

Under 35 2021@BankART KAIKO 2021年6月5日(土)

「35歳以下の作家の個展」と題された本シリーズの内容が発表されたのを目にしたした時に、これは何を置いても、と勇躍したがこの「第3期」。 『菅実花』の展示があるのなら、真っ先に駆け付けるべき。 200円を支払い入場、進呈されるカタログ1種類1部は当然…

JAGDA新人賞展2021@クリエイションギャラリーG8 2021年5月29日(土)

同賞を受賞した『加瀬透・川尻竜一・窪田新』の三人展。 場内はグラフィック作品が所狭しと並ぶ。 毎度ながら、いや例年にも増して、今回は見かけたことのある作品が過少に思えるのは、この一年、外に出かける機会がめっきり減ったからかもと独りごちる。 あ…

animal exhibition 2021@Bunkamura Gallery 2021年5月29(日)

サブタイトルにある「やっぱり、動物が好き!」の通り、動物をモチーフにした作品の展示・即売会。 計六名の出展で半分ほどは既見、半分ほどは初めて。 テラコッタを素材にした『瀬戸優』の作品は猛禽や猛獣を扱ったものの、猛々しさだけではない視点が底の…

森山大道 写真展「衝撃的、たわむれ」@写大ギャラリー 2021年5月22日(土)

昨年の非常事態宣言中はほぼほぼ休館だったけど、今年は感染対策を徹底した上で開館してくれているのは有り難い。 館の入り口脇には消毒液と自動の検温装置。 ギャラリーの中に入るとすかさず係員のお姉さんが寄って来て、来館証への記入を促される。 最初の…

弦屋光溪 現代浮世絵展@Bunkamura Gallery 2021年5月22日(土)

この二つ前の展覧会は会期が短縮され、一つ前は確か延期になっているかと。 なのに本展については何故に開催?と訝っていたら何のことはない「シアターコクーン」で〔コクーン歌舞伎〕が催されてるのね。 その流れの客を見込んでのことでは、と勘ぐってしま…

Under 35 2021@BankART KAIKO 2021年5月15日(土)

第2期のアーティストは『木下理子』『敷地理』『金子未弥』の三名。 前回同様、200円を支払い入場。 パンフレットは『金子未弥』のものを所望。 彼女の道路標識や地図を再構成した作品群は以前に観た覚えがありも、遡ってみるとどうやら今回が初めてのよう。…

田原桂一 表現者たち–白の美術館–@ポーラ ミュージアム アネックス 2021年5月5日(水)

非常事態宣言が発出され、国や都が運営する美術館は当然に休館。 企業や個人が運営するものは対応が分かれ、やはり休館するもの、特に変わらず営業を続けるもの。 その中で標題館は、一時取り止めていた事前予約制を復活させての営業継続。 入場前の検温と手…

1080-イチゼロハチゼロ@UNPEL GALLERY 2021年5月5日(水)

前回訪問時に、受付の人から本展のフライヤーを提示され「あまり馴染みのない学校名と思いますが、是非いらして下さい」と、宣伝されたからでもないのだが・・・・。 ”花残り-大学日本画展@UNPEL Ⅴ””九州産業大学 日本画在学生+展”とされている。 五名の作…

Under 35 2021@BankART KAIKO 2021年5月4日(火)

「35歳以下の作家の個展シリーズ」と題され全三期が予定されている。 そのうちの”第1期”は~5月9日(日)まで、一般の入場料は200円。 出展作家は『井原宏蕗』『山本愛子』の二名。 入場料の代替としてどちらかのカタログが貰える特典。 で、まぁ、『井原宏…

OKETA COLLECTION:4G@スパイラル 2021年4月24日(土)

「4G」と書いてあるから標題展もはや四回目、とのことだろうか。 会期は明25日(日)までも、三度目の緊急事態宣言発出に伴い、どのような対応になるのか見えないので押っ取り刀でやって来る。 早めの時間のせいかもだけど、場内に人影はあまりなく。 人と…

第23回グラフィック「1_WALL」展@ガーディアン・ガーデン 2021年4月17日(土)

グランプリはまだ決まっておらず、現状は五名の作品が素のまま展示されている。 会場内はそこそこの賑わい。 出展者の知己だろうか声高に会話しながら、作品の前で写メを撮り出す女性の二人組も居たり。 一番のお馬鹿さを感じたのは映像も含めた『平手』の作…

三好耕三作品展@キヤノンギャラリーS 2021年4月17日(土)

サブタイトルは”SHASHIN 写真”。 ポスターにもあしらわれている桜のそれが印象的だけど、展示されているのは、建物や風景と文物と雑多。 それも一つ国内にとどまらず、米国各州の景色もありで世界をまたにかけている空気が充満。 並んでいるのは全てがモノク…